アクタージュ ヒューマンドラマ

アクタージュ〈66話〉最新のあらすじと感想と考察!ネタバレ注意!

投稿日:

「アクタージュ」の第66話「アリサの条件」は、週刊少年ジャンプ2019年5月27日発売26号に掲載されました。

 

ネコ氏
なんだかんだ天知の思い通りにコトが進んできましたね
こういうのを敏腕って言うんでしょうね
ミドリ君

 

 

今回は、「アクタージュ」の第66話のネタバレあらすじ感想を紹介します。

 

この記事は2019年5月27日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

「アクタージュ」第66話のあらすじ

 

前の回
アクタージュ|最新65話あらすじと感想と考察!ネタバレ注意!羅刹女とは?

「アクタージュ」の第65話「邂逅」は、週刊少年ジャンプ2019年5月20日発売25号に掲載されました。   今回のサブタイトル「邂逅」は、「運命的な出会い・偶然のめぐりあい」という意味です ...

続きを見る

 

ネタバレ注意

この記事はネタバレを含みます。

まだ読んでいない方はご注意ください。

 

アキラの自信

 

スターズのトレーニングルームでは、星アキラ千世子が身体をほぐしていました。

 

千世子の舞台について、「まるで喧嘩だ」と茶化すアキラ。千世子は「駄々こねちゃった」と軽くかわします。

 

 

さらにアキラは「好きにさせてくれないと、スターズを辞める」と脅したのかと、冗談ぽく尋ねます。

 

一瞬だけ間があって「私は王賀美さんとは違うよ」と微笑む千世子。

 

その一瞬の間で、アキラは千世子のスターズを辞める以上の決意を持っていることを察します。

 

 

千世子は自分の話を逸らすかのように、アキラについて「反抗期が遅れてきた」と周りのうわさ話をします。

 

アキラは、『銀河鉄道の夜』の経験で「僕もまだ変われる」と自信を持ったようです。

 

その自信に裏付けられた武者修行なのでしょうか、アキラは「君たちの公演までには帰る」と告げ、外国に飛び立ちました。

 

 

アキラにパワーをもらった千世子は、「次は私だ」と気合を入れます。

 

 

ダブル演出

 

時間はさかのぼって、千世子がアリサに天知と組むことを告げた夜。

 

アリサは、千世子と夜凪の舞台が動画配信サイトで公開されれば、数字で明確に勝敗が決することを心配しました。

 

もちろん千世子は夜凪に負けるような事があれば、自分の需要が夜凪に奪われることも承知のうえ。

 

そのことに怯え勝負を避けたところで、自分の賞味期限は2年後に来てしまうのです。千世子の覚悟を聞いたアリサは、もう止めることは諦めました。

 

その代り、千世子側の演出家の指名を条件に付けました。

 

和歌月 千

 

夜凪がスターズのオーディションで不合格(1巻・1話になった時、グランプリを受賞した和歌月 千。映画『デスアイランド』で夜凪と共演して、その実力を一番よく知っています。

 

そんな和歌月は千世子側の共演者に選ばれました。2度めのチャンスに、「よし見てろ」と気合を入れます。

 

 

演出家・黒山

 

和歌月と千世子が出演者が集まる会議室に入ると、部屋の中央には千世子側の演出家・黒山が。

 

和歌月にとっては、自分を選んでくれたスターズのオーディションの審査員だった内の一人です。

 

映画監督の黒山は舞台稽古の勝手が分からない様子。段取りを阿良也に尋ね、まず台本の読み合わせを始めます。

 

夜凪側の共演者

 

一方、自宅で一人台本を読む夜凪。

 

そこへ『デスアイランド』で共演した烏山武光が訪ねてきます。

 

今度の舞台で夜凪と共演することになったという武光。巌との共演を夢見ていた武光は、巌の死で時間は有限だと知り、舞台のオーディションを受けたと話します。

 

共演者との読み合わせの時間まで2時間以上あります。しかし、期待に胸ふくらませる二人は、「デスアイランド組入ります!」と誰もいない会議室のドアを勢いよく開けます!

 

ところが、部屋にはジャージ姿でテーブルに座る王賀美が!

 

夜から待っていたという王賀美は「さぁ始めようか」と静かな笑みを浮かべます…。

 

ネコ氏
王賀美は舞台をナメてるんじゃないかという心配もあったので、とりあえず一安心です
ちょっとだけ、王賀美のことが好きになりました
ミドリ君

 

【DMM.com 電子書籍】
クーポンはTOPページにあります

 

「アクタージュ」第66話の考察と感想

 

第66話の考察と感想です(^ω^)

認識違いがございましたら、コメントよりご指摘いただければ幸いです。

 

夜凪チームの演出家は誰に!

 

演出家もチームごとに違うんですねー(゚ω゚;)

 

ダブルキャストというよりも、同じタイトルの舞台が2つ上演される感覚のほうが正しいのかも知れませんね。

 

和歌月武光という懐かしいキャラが再登場して、『デスアイランド』のスターズVSオーディション組の再戦という雰囲気も無きにしもあらずです。

 

でも、『羅刹女』って登場人物が少なそうだから、キャストはこれで全員かも知れませんね。

 

夜凪チームの演出家は来週号で発表かな。巌さんが生きてればと、つい思ってしまいます…。

(´;ω;`)ウゥ

 

百城チームが映像系の黒山なので、『デスアイランド』の手塚監督に決まればバランスは良さそうです。

 

千世子と千世子を知り尽くした手塚が敵対し、夜凪と黒山が敵対すれば、より一層対立関係が面白くなりそう!

 

でも、既視感が強すぎるかな…。

(。>д<。)

 

 

アクタージュの単行本を無料で読む方法

 

アクタージュの単行本は、動画配信サイトの「U-NEXT」の初回無料お試し期間を利用することで、無料で読む事ができます。

 

U-NEXTで無料で読む!

 

U-NEXTに初回会員登録すると、動画や書籍に使える600ポイントがもらえます。アクタージュ1冊451円なので、無料で1冊読めます。


/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください

U-NEXTのオススメポイント

  • 日本最大級の動画サービスが月額1,990円
  • 最大40%のポイント還元
  • 映画やコミックに使える1,200ポイントが毎月もらえる
  • もちろん31日間無料トライアルだけのお試しもOK!!

 

私のように毎月何冊もマンガを買う者には、40%ポイント還元は嬉しいサービスです!
ミドリ君

 

U-NEXTの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の31日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。


 

 

 



-アクタージュ, ヒューマンドラマ

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.