ミステリー

ゴールデンゴールド|第1巻のネタバレあらすじと感想!漫画村を使わず無料で読む!

更新日:

漫画「ゴールデンゴールド」は、「月刊モーニングtwo」で連載中の堀尾省太先生の漫画です。

 

ちょっと遅くなりましたが『このマンガがすごい!2017』にノミネートされていた「ゴールデンゴールド」を読んでみました。
ミドリ君
ネコ氏
広島弁が出てくるので、作者の出身地を調べたらやっぱり広島県でしたね
方言があるとストーリーに妙にリアリティが出るので好きです
ミドリ君
ネコ氏
確かに、舞台となる「寧島」は架空の島ですが、本当にありそうですよね

 

 

ネコ氏
今回は、ネタバレあらすじの他、電子コミックの最新刊を無料で読む方法も紹介しますね~

 

 

マンガ「ゴールデンゴールド」第1巻を無料で読む方法

 

「ゴールデンゴールド」の電子書籍を読む時、漫画村や漫画タウンやzip、rarなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

これら違法なサイトは、ウィルスの感染などリスクがあります

ダウンロードするタイプのサイトは危険度MAXです
ミドリ君

 

でも、違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

「ゴールデンゴールド」を安全に無料で読めるサイト

 

上記の違法サイトとは違って、安全に無料で読めるのは以下のサイトです。

 

マンガ「ゴールデンゴールド」第1巻は648円なので、U-NEXTは追加料金が少し必要になります。

無料で読めるサイト配信状況無料会員特典
music.jp 初回会員登録で961ポイント
U-NEXT 初回会員登録で600ポイント
シーモア 1冊分全額ポイントバック

 

どのサイトも立ち読み(試し読み)が出来るので、まずは立ち読みから始めてみましょう
ミドリ君

 

music.jpで安全に無料で読む!

 

music.jpでは、初回会員登録で書籍に使える961ポイントがもらえます。

music.jpをいますぐ試してみる

/ 最新の配信状況は公式サイトでご確認ください \  

ネコ氏
動画に使えるポイントも1,500ポイントもらえるので、お好きな動画も見ることが出来ます。

 

課金後も、毎月1,922円で漫画に使える1,922ポイントと動画ポイント3,000ポイントがもらえます!
ミドリ君

 

music.jpの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の30日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

ネコ氏
会員になると、漫画を買うときに10%のポイントバックもあります!
 

 

U-NEXTで安全に読む!

 

U-NEXTは動画配信で有名なサイトですが、電子書籍も取り扱っています。

 

U-NEXTに初回会員登録すると、動画や書籍に使える600ポイントがもらえます。

追加料金を支払うことで1冊読むことが出来ます。


/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください

 

さらに、U-NEXTは課金が始まってからも、購入金額に応じてポイント還元があります

 

私のように毎月何冊もマンガを買う者には、嬉しいサービスです!
ミドリ君

 

U-NEXTの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の31日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。


 

 

シーモアで安全に無料で読む!

 

シーモアは、初回会員登録で1冊分の購入代金全額をポイントで返還してもらえます。

最大で1,000ポイントもらえるので、ほとんどのマンガが実質無料で読めることになります。

 

 
いますぐシーモアを試してみる!
 

ネコ氏
初回以後も定期的に30%オフなど割引クーポンをもらえるので、お得に読むことが出来ます

 

 

この記事は2019年3月26日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

「ゴールデンゴールド」第1巻のネタバレあらすじ

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

第1話・謎の置物

 

主人公は、瀬戸内海の寧島(ねいじま)に住む中学3年生の早坂琉花

 

寧島は架空の島で、因島の近くにある設定です
ミドリ君

 

広島県福山市の出身の琉花は、人の心を読み取るクセが災いして中学校では孤立してしまう。

 

不登校になった後、祖母の住む寧島に移り、普通の生活を送れるようになった。

いまは同級生の及川に想いを寄せている

 

祖母は、民宿兼雑貨店の「早川商店」を切り盛りしているが、民宿の客は滅多に来ない。

 

そんな民宿に久しぶりに客が訪れた。

女流小説家の黒蓮ハネルと、編集者の青木の二人が田舎町の取材に訪れたのだ。

 

琉花は祖母に頼まれ、小鉢に使う海のものを採りに行く。

岩場で、琉花はヌルヌルしたミイラのような気味の悪い置物を拾う。

 

そんなものをナゼ持って帰ったのか琉花にも分からないのだが、とにかく持って帰って洗った。

 

ヌルヌルがなかなか取れず、強力な洗剤でゴシゴシ洗っていると左手の部分が取れてしまった

 

2回洗った後、神社に持っていくと、祠(ほこら)にでも入れておくように言われる。

ちょっとボロっちい祠しか空いていなかったが、そこに置物を入れて拝んだ。

 

が、立ち上がると置物が無い。

 

辺りを見渡すと、小さな置物は赤ん坊くらいの大きさになって立っていた

しかもその置物は歩き始めた!

 

一目散で山を駆け下り、自転車で逃げる琉花。

「たたり?呪い?なんで?」と思考をめぐらせる。

 

ある程度走ったところで自転車を止めると、500円玉が落ちていた。

 

そして、あれだけ走ったのに、置物は直ぐ後ろをペタペタと付いてきていた。

 

 

第2話・酒を飲む置物

 

琉花は、海岸線の道路を必死で自転車を漕いで逃げるが、置物はピッタリと後ろをついてくる。

 

やがて、その置物は自転車のカゴにドスンと飛び乗る。

「ぎゃあああ」と叫ぶ琉花。

 

次の瞬間、道路の段差で自転車は浮き上がってしまう。

琉花の手を離れた自転車は岸壁にぶつかり、置物はドッポーンと海に落ちていった

 

 

この出来事は、琉花の中でも夢か現実か分からなくなってしまった。

 

ところが家に帰ると、民宿客の黒蓮ハネルと青木と、祖母とあの置物が酒を飲んでいた・・・。

 

第3話・空っぽの棚

 

祖母には置物は50歳位の小さいおじさんが酒を飲んでいるように見えているらしい

黒蓮と青木と琉花には、置物はアリクイのように細長い舌を伸ばして酒を飲んでいるように見えていた。

 

翌日、琉花が学校に行き、祖母も出掛けると、黒蓮と青木はスマホのカメラで置物の写真を撮った。

だが、不思議なことに撮った写真は保存されなかった

 

さらに不思議な事は続く。

 

置物が雑貨屋のレジ台に座っていると、客足が途絶えないのだ。

お客にも置物は小さいおじさんに見えているらしい

 

やがて店の棚は空っぽになった。

そして民宿の予約も次々と入るようになった。

 

「ゴールデンゴールド」をシーモアで無料で読む

 

第4話・フクノカミのパワー

 

置物が神様かどうかはさておき、黒蓮は置物を「フクノカミ」と名づけた。

 

今までの経緯をまとめると、どうやらフクノカミの本当の姿が見えるのは、島の外の人間だけらしい

 

黒蓮はフクノカミがギャンブルも勝たしてくれるのか、試すことにした。

ギャンブルで勝てるなら、琉花も宝くじで大金持ちになって夢を叶えることが出来る。

 

さっそく因島に渡り、スロットを打つ黒蓮。

今までの負けを取り返そうと意気込むが…、結果は惨敗

 

ところがパチンコ屋の外に出ると長蛇の列が。

どうやら、フクノカミは周囲にある人や財を集める事はできるが、一緒にいる人の金運をあげる力は無いようだ。

 

第5話・フクノカミの記憶

 

祖母は自分の部屋にフクノカミを祀る社のようなものを作った。

 

フクノカミは、そこに上がって鎮座した。

祖母はありがたそうに拝んでいた。

 

祖母にも「小さいおじさん」には見えているはずなのに、それを祀ってどう見えているのかは謎である。

 

とにかく店が繁盛しいるのは事実で、祖母は雑貨屋をコンビニにしようかと考え始めた。

 

 

一方、黒蓮たちが島に着いてから5日目に、編集者の青木だけが東京に帰ることになった。

見送りに来た黒蓮は、琉花の家が騒ぎに巻き込まれないよう、フクノカミのことは東京で内緒にしておくよう念を押す

 

しかし青木は島を出ると、さっそく知り合いにフクノカミのネタを売り込んだ。

 

ところが東京に着くと、青木の記憶からフクノカミのことは一切消えていた…

 

第6話・祖母の事業拡大

 

祖母は、「早坂商店」をコンビニにすることと並行して、民宿も拡大しょうと考えていた

そのため銀行でお金を下ろし、隣の仁五井さんの家に行く。

 

フクノカミは祖母の後をペタペタと付いていく。

 

仁五井さんは来月に東京の息子の元へ行くことが決まっており、祖母は空き家となる家を売ってもらいたいのだ

 

だが、仁五井さんは貸すなら構わないと言う。

祖母はいつになく雄弁で、「人のすまん家は負債よぉね」と、巧みに仁五井さんの気持ちを売る方に持っていく。

 

途中、まるでフクノカミの言葉を祖母が話しているように言葉が重なる。

 

最後に祖母は現金を見せ、仁五井さんに「うん」と言わせた。

 

 

家に帰った祖母は、隣の家を別館にすること琉花に話す。

 

「貸してもらったほうが良かったんじゃ…」という琉花に、祖母は「こっちが繁盛した時に何言うてくるかわからん」と琉花も引くような事を言う。

 

その時の祖母の顔は、一瞬だけフクノカミの顔になっていた…

 

 

「ゴールデンゴールド」第1巻を読んだ方の感想!

 

 

マンガ「ゴールデンゴールド」第1巻を読んだ方に感想を聞きました!

 

想定外の漫画でしたが面白い!

 

30代男性

電子書籍が1巻無料だったので、試しに読んでみました。

 

表紙の雰囲気からして、ギャグ漫画だと思っていたんですが、全く違うようです。

予想していた内容とは違いましたが、話にどんどん引き込まれます。

 

1巻の冒頭部分で、何人ものフクノカミの顔をした人々が殺されています。

あの場面が現代にどう繋がっていくのかが見ものです。

 

ストーリーの方は、まだ序盤で世界観の紹介と言う感じです。

お婆ちゃんの拝金主義への変化を見る限り、フクノカミは人の心を「お金」の魔力でボロボロにするという展開じゃないでしょうか。

 

たぶん、そんな簡単な展開では無いと思うので、2巻も読んでみようと思います。

 

まだ謎だらけ!

 

堀尾先生の前作「刻刻」が好きだったので、本作も読み始めました。

前作と変わらず、漫画特有の””や”空間”の使い方が見事です。

 

セリフも、話の進行を説明するようなものが無く、自然で読みやすいです。

 

漫画のジャンルとしてはホラーですが、1巻はまだハッピーなことが多くて怖いという印象は少ないです。

 

最後のページで、お婆ちゃんがフクノカミの顔になっていました。

身体を乗っ取られたってことでしょうか。

 

最初のページで、フクノカミと同じ顔をした人間が何人も殺されていますが、ゾンビみたいに人間がフクノカミ化していくのかな

 

とにかく第1巻から謎だらけの展開で、2巻を早く読みたいです。

20代男性

 

 

「ゴールデンゴールド」第1巻のまとめ

 

今回は、「ゴールデンゴールド」第1巻のあらすじ、感想、無料で読む方法を紹介しました。

 

文章だけでは伝わらないと思うので、ぜひ、無料お試しを利用してマンガを読んでみてください!

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

U-NEXTは初回登録無料で600P!

※U-NEXTは600ポイントもらえるので、料金追加で1冊読めます。

いますぐシーモアで無料で読む!

 

サービスが合わない時は、忘れずに30日以内に解約しましょう。
ミドリ君

 



-ミステリー

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.