ヒューマンドラマ

私の少年|1巻のネタバレあらすじと感想!漫画村を使わず無料で読む!

更新日:

漫画「私の少年」は、「週刊ヤングマガジン」で連載中の高野ひと深先生の漫画です。

最初は「月刊アクション」(双葉社)で連載していましたが、「週刊ヤングマガジン」(講談社)に移籍しました。

 

タイトルに惹かれて、いわゆるジャケ買いしてみました
年上のお姉さんと少年の交流を描いたストーリーですが、いわゆる「おねショタ(お姉さんと少年)」とは違いますね
あとで知ったのですが「このマンガがすごい!2017」のオトコ編で2位に選ばれている注目作品だったんですね
オトコ編で選ばれていますが、実は女性ファンも多いですよ

 

 

今回は、ネタバレあらすじの他、電子コミックの最新刊を無料で読む方法も紹介しますね~

 

 

マンガ「私の少年」第1巻を無料で読む方法

 

私の少年」の電子コミックを読む時、漫画村や漫画タウンやzip、rarなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

これら違法なサイトは、ウィルスの感染などリスクがあります

 

漫画村などで下のような表示が出た場合はガン無視でOKです
最初はメチャビビります

 

危険な違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

「私の少年」を安全に無料で読めるサイト

 

上記の違法サイトとは違って、安全に無料で読めるのは以下のサイトです。

 

「私の少年」の価格は1巻あたり648円です。

なので、U-NEXT読む時は少し追加料金が必要です。

 

無料で読めるサイト配信状況無料会員特典
music.jp 初回会員登録で961ポイント
U-NEXT 初回会員登録で600ポイント
シーモア 1冊分全額ポイントバック

 

どのサイトも立ち読み(試し読み)が出来るので、まずは立ち読みから始めてみてください

 

この記事は2018年11月17日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

オススメはmusic.jp!

 

music.jpは、音楽以外に映像や電子書籍にも力を入れています。

 

music.jpは初回会員登録で、書籍に使える961ポイントがもらえます。

 

動画に使えるポイントも1500ポイントもらえるので、お好きな動画も見ることが出来ます。

 

 

無料会員登録のポイント

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の30日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

 

「私の少年」第1巻のネタバレあらすじ

 

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

第1話・体温計

 

スポーツメーカー「ヨネサス」に務める多和田聡子は、30歳独身。

 

会社の上司の椎川は大学時代の元カレだが、未練はなく、現在の関係は良好である。

 

ある日、聡子は会社帰りの公園で長い髪の早見 真修(はやみ ましゅう)という12歳の少年に出会う。

少年と言っても、最初見た時は美少女と間違えたほどの綺麗な顔。

 

サッカー部のレギュラーになりたいという真修は、聡子のリフティングを見て「プロですか?」と驚く。

 

フットサルで鍛えた経験のある聡子。

来週の金曜日にレギュラーの選抜試験があるという真修に、毎晩7時から教えることになった

 

練習の最終日には、真修はリフティングを525回も出来るようになる。

明日のテストを頑張るように伝えると、少年は「今までありがとうございました」と礼儀正しく言った。

 

 

翌日、聡子は椎川からの誘いで飲みに行く。

今までは一緒に飲み行っても、お互い仕事の愚痴ばかりで不毛な時間を過ごしてきた。

 

だが今回は不毛じゃない、と椎川は思わせな口ぶり。

聡子は、「期待なんて一切しない」と自分に言い聞かせるように、服も化粧も普段どおりのものを選んだ。

 

約束の料亭に行くと、椎川は女性と談笑していた。

薬指の指輪を見て、婚約者だとすぐに分かる。

 

引きつる顔を無理に笑顔に作り変えて、乾杯をした。

 

 

 

「期待なんて一切しない」と思っていたのに、虚しさが押し寄せる。

 

すぐ帰って寝ようと思っているのに、足は真修と練習した公園に向かってしまう。

 

すると、いるはずのない真修がうなだれて座っている

レギュラーはダメだったと話す真修。

 

小学校でレギュラーになれないなら中学でも無理だと、サッカーを辞める決意をしていた。

 

その聞き分けのいい口ぶりから、これは親の言葉だと察する聡子。

他にも、気づいていたことはある。

年令に合わない幼い服装、長い髪、昨日と同じ服。

 

 

聡子は真修を家に呼び、風呂に入れた。

 

翌日、真修に起こされ、いつものクセで体温計を探す。

体温計には特に意味はない。

けれど、椎川と付き合った頃から毎日体温を計るのが習慣になっていた。

 

椎川に未練は無かったのに、自分の中に椎川は少しだけ残っていた

それが完全に無くなったと思うと涙が出てくる。

別れたときから、自分と同じものを抱えて生きてると思っていたのに、ずっと自分だけが孤独だったと思うと虚しくなる。

 

突然、真修に抱き寄せられる。

悲しい時は人の胸の音を聴くといいと、母親に教えてもらったらしい。

 

泣きながら聡子は、自分の後悔を真修にもさせたくないと思う。

サッカーを親の言いなりで辞めて後悔しないよう、「続けるのも終わらせるのも、あなたでいいの」と強く言う。

 

真修は、「やめたくなかった…」と聡子の胸で泣いた・・・。

 

 

第2話・Over Drive

 

翌朝、椎川に顔を合わせた聡子は、ほどよく嫌味を混ぜてあいさつをした。

誰かに褒められたいくらい、満足のいく仕返しが出来たと喜ぶ。

 

マンションに帰ると、「こんばんわー」と真修が言う。

ビックリする聡子に構わず、ランドセルからプリントを出しながら、サッカーを続けられるようになったと嬉しそうに話す。

 

しかし、条件はお父さんの手を煩わせないこと

 

電車とバスを乗り継いで行くような練習試合の会場までも、自転車で行くという。

それでも、サッカーが続けられるのが嬉しいのだろう、真修は聡子にお礼を言って帰ろうとする

 

この子とは何の関係も無いと思いながらも、聡子は車で送ることをつい約束してしまう。

 

練習試合の日、会場に着くとレギュラーではない真修は応援を頑張ると言った。

真修は自分よりも年下のレギュラーに、誰よりも声を張り上げて応援していた

 

聡子は、椎川に嫌味を言って喜んでいた自分が恥ずかしくなる。

 

試合が終了し、誇らしげな真修を、聡子は目一杯「頑張ったね~」と褒めるのだった。

 

第3話・うさぎ

 

サッカークラブのコーチの娘・小片菜緒は、小学校でも真修と同じクラス。

 

真修が小学校のうさぎ当番の仕事をしていると、菜緒がサッカークラブのプリントを持ってきてくれた。

 

菜緒は、うさぎ当番が真修だけしか居ないことに気づく。

もう一人のうさぎ当番は、仕事を押し付けてサボっているらしい。

 

うさぎ小屋の掃除を手伝う菜緒に「やさしいね」と感謝する真修。

菜緒は、「普通だよー!」と笑う。

 

その日、体調を崩していた菜緒は、給食の時間に嘔吐してしまう。

周りの子供が近寄ろうともしない中、真修がハンカチを持って駆け寄る

 

真修の普通は、他の友達のとは違うんだと知った菜緒。

保健室で横になりながら、何故か涙が出てきた

 

 

第4話・プレゼント

 

菜緒から洗ったハンカチと、新しいハンカチをもらった真修。

 

真修は普通のことをしただけなのに、お礼をしてもらって驚く。

と同時に、自分が聡子にお礼をしていないことに気づく。

 

聡子が帰ってくるバスを待って、真修は「何か欲しいものはありますか」と訊く。

 

聡子は困った末、土曜日に回転寿司に一緒に行って欲しいと頼む。

 

回転寿司で、真修に遼一という小学4年生の弟がいることが分かった。

弟の名前に「一」が入っていることに聡子は違和感を覚える。

 

回転寿司に初めて来たという真修は、色んなことにビックリしながら、楽しく美味しそうに食べた。

 

帰り道、「幸せだあ」とつぶやく真修。

だが、聡子が自分にしてくれた親切がどれくらいのものなのか分からない。

 

聡子に「真修にしかしたことないよ」と言われ、特別なことだと知る。

 

真修は「聡子さん」と呼び止め、回転寿司で当たったマグロのストラップを聡子に握らせた。

 

 

「私の少年」第1巻を読んだ方の感想!

 

マンガ「私の少年」第1巻を読んだ方に感想を聞きました!

 

「聡子さん」の意味は?

 

20代男性

タイトルから、何となく想像するものがありましたが、全然違っていました。

私が想像したのは、大人びた少年だったのですが、ピュアな小学生でしたね。

 

ピュア過ぎて、想像してたエッチな関係が逆に想像できないです(笑)

作者もオネショタにする気は無いようなことをどこかで書いていたので、体の関係にはならないかな。

 

1巻では、真修が「聡子さん」と言ったのにドキっとさせられました。

 

普通の成年男子なら、「聡子さん」の意味は分かりますが、小学生が言うのってどんな意味なんでしょう

その答えが2巻で分かると嬉しいです。

 

年上が女性で良かった!

 

1巻では、真修の家庭環境の謎がまだ多いです。

 

弟に「イチ」がついているのは、血がつながっていないと意味でしょう。

また、聡子が泊めても特に問題がないということは、親は子供に無関心なんでしょう。

 

高野先生が巻末でも書いていますが、やっぱり年上は女性の方が読みやすいと思います

というか、男性が年上で同じような関係だと、犯罪臭がハンパないでしょう。

 

漫画の中で通報されなくても、読者の方が通報されないことに違和感を感じるでしょうね。

 

1巻は自己紹介的で、ちょっとまだ展開が読めないので、すぐに2巻を読んでみようと思います。

40代男性

 

「私の少年」第1巻のまとめ

 

今回は、「私の少年」第1巻のあらすじ、感想、無料で読む方法を紹介しました。

無料で電子コミックを読むなら、961ポイントもらえるmusic.jpがオススメです!

 

 

サービスが合わない時は、忘れずに30日以内に解約しましょう。

 

次の巻
私の少年|2巻のネタバレあらすじと感想!

漫画「私の少年」は、「週刊ヤングマガジン」で連載中の高野ひと深先生の漫画です。   第1巻では、小学6年生の真修と30歳の聡子の出会いが描かれました サッカーを教えるだけの関係から、少しずつ ...

続きを見る



-ヒューマンドラマ

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.