アクタージュ ヒューマンドラマ

アクタージュ|最新刊第4巻ネタバレあらすじと感想!rarを使わず無料で読む!

更新日:

漫画「アクタージュ」は、週刊少年ジャンプで2018年から連載中の原作:マツキタツヤ先生、漫画:宇佐崎しろ先生の作品です。

 

第3巻では、映画の撮影を無事終えた夜凪は、舞台を見に行き、明神阿良也という心で演技する役者と出会います。

 

そして、黒山墨字は夜凪に阿良也と舞台で共演のチャンスを与えました。

 

第4巻では、「銀河鉄道の夜」に出演することになった夜凪が、感情の表現、役作りの壁にぶち当たります!

 

 

今回は「アクタージュ」第4巻のあらすじの他、電子書籍を無料で読む方法も紹介します
ミドリ君

 

 

 

 

マンガ「アクタージュ」第4巻を無料で読む方法

 

アクタージュ」の電子書籍を読む時、漫画村や漫画タウンやzip、rarなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

これら違法なサイトは、ウィルスの感染などリスクがあります

 

漫画村などで下のような表示が出た場合はガン無視でOKです
ミドリ君
ネコ氏
最初はメチャビビります

 

危険な違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

「アクタージュ」を安全に無料で読めるサイト

 

上記の違法サイトとは違って、安全に無料で読めるのは以下のサイトです。

「アクタージュ」第4巻の価格は451円なので、下のサイトで無料で読めます。

 

無料で読めるサイト配信状況無料会員特典
music.jp 初回会員登録で961ポイント
U-NEXT 初回会員登録で600ポイント
シーモア 1冊分全額ポイントバック
どのサイトも立ち読み(試し読み)が出来るので、まずは立ち読みから始めてみてください
ミドリ君

 

この記事は2018年11月18日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

music.jpで安全に無料で読む!

 

music.jpでは、初回会員登録で書籍に使える961ポイントがもらえます。

music.jpをいますぐ試してみる

/ 最新の配信状況は公式サイトでご確認ください \  

ネコ氏
動画に使えるポイントも1,500ポイントもらえるので、お好きな動画も見ることが出来ます。

 

課金後も、毎月1,922円で漫画に使える1,922ポイントと動画ポイント3,000ポイントがもらえます!
ミドリ君

 

music.jpの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の30日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

ネコ氏
会員になると、漫画を買うときに10%のポイントバックもあります!
 

 

U-NEXTで安全に無料で読む!

 

U-NEXTに初回会員登録すると、動画や書籍に使える600ポイントがもらえます。

600円以下のコミックなら無料で1冊読むことが出来ます。


/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください

 

さらに、U-NEXTは課金が始まってからも、購入金額に応じて最大40%のポイント還元があります

 

私のように毎月何冊もマンガを買う者には、嬉しいサービスです!
ミドリ君

 

U-NEXTの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の31日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。


 

 

シーモアで安全に無料で読む!

 

シーモアは、初回会員登録で1冊分の購入代金全額をポイントで返還してもらえます。

最大で1,000ポイントもらえるので、ほとんどのマンガが実質無料で読めることになります。

 

 
いますぐシーモアを試してみる!
 

ネコ氏
初回以後も定期的に30%オフなど割引クーポンをもらえるので、お得に読むことが出来ます

 

 

 

マンガ「アクタージュ」第4巻のネタバレあらすじ

 

前の巻
アクタージュ|第3巻のネタバレあらすじと感想!電子書籍を無料で読む!

漫画「アクタージュ」は、週刊少年ジャンプで2018年から連載中の原作:マツキタツヤ先生、漫画:宇佐崎しろ先生の作品です。   第2巻では、映画「デスアイランド」のオーディションに合格した夜凪 ...

続きを見る

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

第26話・覚悟

 

巌裕二郎が最後に演出する舞台「銀河鉄道の夜」の配役が発表された。

 

主役のジョバンニは明神阿良也

準主役の友人・カムパネルラには、なんと夜凪が選ばれた。

 

他の出演者たちは、あからさまに不満の表情を浮かべる。

 

その中の一人、劇団員の三坂七生(さんざか ななお)はエチュード(即興劇)を挑む。

夜凪の実力を試そうというのだ。

 

椅子を2つ持ってきて、夜凪を座らせる。

 

―――ここは電車の中。

夜凪はそっぽを向く。

体は小刻みに揺れる。

 

七生は夜凪の「再現する」演技に戸惑いを見せてしまう。

 

そして、他の劇団員たちは、夜凪の演技を理解できなかった

 

夜凪と同じように心で芝居をする阿良也は、夜凪の芝居のダメなところが分かる。

芝居がリアルすぎると批評した

 

 

第27話・課題

 

稽古初日、夜凪は巌から見学するよう命じられる。

 

夜凪が他の役者を見ていても、楽しいとか哀しいとか表現しているのは分かる。

巌は夜凪にその表現力が足りないと指摘する。

 

ジェスチャーゲームで「楽しい」を表現するようなことが、夜凪には出来ないのだ。

 

逆に言えば、ジェスチャーには感情はない。

ジェスチャーだけの役者は大根役者というわけである。

 

しかし、夜凪のように感情だけでジェスチャーが無いのも、芝居では使えないのだ

 

巌は「喜・怒・哀・楽」を10日以内に表現できるようにと、夜凪に課題を与えた。

 

第28話・新メンバー

 

夜凪と星アキラが阿良也の芝居を見に来たときの写真が、写真週刊誌に載ってしまった。

 

アキラの母・星アリサは、公開予定の舞台の宣伝ということにして、スキャンダルをもみ消す。

そのため、アキラを舞台に出演させなければいけないことに。

 

過去にアリサに借りのある巌は、急なメンバー追加を受入れた。

 

才能の乏しいアキラにとって、この舞台はチャンスでもあるが、居心地の悪いものでもあった。

 

一方の夜凪は、感情表現の課題に苦しんでいた。

 

だが、アキラが子供にしていたウインクを見て、何らかのヒントを得た!

 

 

第29話・人形劇

 

アキラのヒントから、夜凪は自分の感情表現に足りないものが「」だと分かった。

 

感情表現を難しく考えすぎていた。

感情表現は、昔、弟と妹にやった「いないいないばぁ」と同じ。

 

自分が笑えば相手も笑う

自分が驚けば相手も驚く

 

それに気づいた夜凪は、簡単に感情を表現できるようになり、巌からも認められた。

 

これで阿良也と共演できると喜ぶ夜凪。

 

しかし、役に入り込む阿良也の役作りは、ちょっと変わっていた・・・

 

第30話・読み合わせ

 

出演者全員が集まって、読みあわせが行われた。

 

だが夜凪は、自分が演じるカムパネルラの人間性が掴めず、演じることが出来ない。

 

見たこともないカムパネルラをどう演じれば良いか悩んでいる時、夜凪は気づいた。

カムパネルラは、阿良也に似ていることを

 

一方の阿良也も気づいた。

自分が演じるジョバンニが夜凪に似ていることに

 

【DMM.com 電子書籍】
クーポンはTOPページにあります

 

第31話・阿良也の役作り

 

阿良也とアキラが夜凪の家を訪れた。

 

役作りの仕方を阿良也が教えてくれると言うので、夜凪はOKしたのだ。

だが、阿良也も夜凪からジョバンニを教えてもらうつもりだった。

ネコ氏
「ジョバンニの演じ方」じゃなくて「ジョバンニ」といっているのがミソですね

 

弟と妹が寝静まったのを見計らって、阿良也は夜凪に訊く。

弟と妹を疎ましく思ったことはないか?と。

本当は弟妹なんていなければ良いと思ったことはないか?と。

 

阿良也の乱暴な質問にアキラが怒る。

 

だが、阿良也は夜凪を通して、ジョバンニの母親に対する感情を知ろうとしただけだった。

 

ジョバンニの感情を知った阿良也は泣いた。

阿良也は夜凪の感情を自分のものにしたのだ・・・

 

第32話・私のカムパネルラ

 

阿良也の演技に対する執着心を知って、カムパネルラを演じる自信を失くした夜凪。

 

そこへ百城千世子がやって来た。

千世子は落ち込む夜凪を見て、翌日街へ連れ出す。

 

街中でも役作りに悩み続けている夜凪に、千世子はコーヒーフラペチーノを握りつぶす。

 

夜凪が千世子をカムパネラだと思っているのと同じように、千世子も夜凪をカムパネラだと思っていることを話す。

 

そんな話をしながら、千世子は夜凪を喰っていた

 

そして、夜凪も他人を喰うことを覚えた

 

ネコ氏

カムパネルラは夜凪の中にもあるけど自分では見えないし、気づかない。

千代子に見えるカムパネルラを自分に取り込むことで、自分のカムパネルラが引き出される、ということですね。

たぶん。

哲学的ですね
ミドリ君

 

 

第33話・夜景

 

感情の表現役作りを覚えた夜凪の演技は、見違えるほど変わった。

 

しかし、巌はまだ満足していない。

 

死の旅路の物語である「銀河鉄道の夜」を完成させるには、出演者全員に「死」を知ってもらわなければいけない

 

その夜、巌は屋形船の宴席を用意し、出演者を招待した。

屋形船から見える夜景は、まるで銀河鉄道から見える星空のようだった。

 

巌はそれを「死の景色」だと言う。

 

阿良也は、こんなことで巌が皆を集めたのかと、疑念を持っていた・・・。

 

第34話・演技指導

 

役者たちが酔いつぶれたころ、巌は夜凪を呼び、二人だけの時間を作った。

 

夜凪が演じるカムパネルラは死者。

 

死を知らない夜凪に、巌は本番までずっと演技指導すると言った

 

巌は自分の死で、夜凪に「死」を教えるのだと話した・・・。

 

/ 最新の情報はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 

マンガ「アクタージュ」第4巻の感想!

「アクタージュ」第4巻を読んだ方の感想を聞きました!

 

「アクタージュ」打ち切りの考察

 

 

この漫画は、ジャンプでは打ち切りになるんじゃないかと心配になる。

私は、非常に面白いと思うのだが。

 

例えば。

阿良也が景に弟妹の話を聞いて、「ジョバンニは母親に救われていたのか」と泣くシーンがある。

 

素の阿良也は、自分の母親が病気がちだったら疎ましく感じてしまう。

だが、これは阿良也の気持ちであって、ジョバンニの気持ちではない

 

ジョバンニは病気がちの母親をどう考えているのか、それは景が幼い弟妹をどう考えているのか、と同じだと阿良也は知っている

 

だから、家にあがりこんで素の景の気持ちを聞こうとした。

 

 

―――こういうことを理解していくと、この漫画はすごく面白い

しかし、サラッと読むと、なんで阿良也が涙を流すのか意味が分からないと思う。

 

この漫画は、感情とか自分の気持ちについて言及している箇所が多い。

それを理解するには、1回読んだだけでは無理だと思う。

 

戻って読み直すことで理解できることもある。

 

今のジャンプの中では間違いなくダントツで好きなのだが、ジャンプの読者層には理解されないんじゃないかな、と心配している。

 

余計で、的はずれな心配かもしれないが。

 

原作のマツキタツヤさんはデビュー作が「阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ」ということから、映像関係のことに詳しく、かなり読書もしていると思う

 

それだけに、このアクタージュは面白くなればなるほど、ジャンプでは理解されなくなるんじゃないかと思う。

 

 

景が表現のしかたをテストされる回があったが、マツキタツヤさんも読者寄りの表現をされると、ジャンプの読者にもっと理解されるだろう。

 

しかし、そうすると、この漫画は浅い内容になり魅力も無くなる。

 

だから、打ち切りにするのではなく、大人向けの雑誌に引っ越しするのが一番良い選択だと思う。

30代男性

 

 

「アクタージュ」第4巻のまとめ

 

今回は、「アクタージュ」第4巻のあらすじ、感想、無料で読む方法を紹介しました。

 

文章だけでは伝わらないと思うので、ぜひ、無料お試しを利用してマンガを読んでみてください!

music.jpは初回登録無料で961P!

 

U-NEXTは初回登録無料で600P!

 

いますぐシーモアで無料で読む!

 

サービスが合わない時は、忘れずに30日以内に解約しましょう。
ミドリ君

 

次の巻
アクタージュ|最新刊第5巻ネタバレあらすじと感想と無料で読む方法!

漫画「アクタージュ」は、週刊少年ジャンプで2018年から連載中の原作:マツキタツヤ先生、漫画:宇佐崎しろ先生の作品です。   第5巻の表紙は誰なのかと思っていたら、星アキラでした ミドリ君 ...

続きを見る



-アクタージュ, ヒューマンドラマ
-,

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.