ヒューマンドラマ

この音とまれ! |15巻のネタバレあらすじと感想!ヒロと武蔵の恋の行方!

マンガ「この音とまれ! 」は、2012年から「ジャンプSQ」で連載されているアミュー先生の作品です。

 

第14巻では、時瀬高校は全国予選で優勝することができました!

鳳月母娘、堂島兄妹の和解もありましたね
ミドリ君

 

 

第15巻では、倉田と来栖の恋に進展が!

 

そしてショッピングモールでの新春コンサートという試練が待っています!

 

アニメ化

「この音とまれ! 」は、TVアニメ化が決定しました!

ネコ氏
筝を習いに行く人が増えそうですね

 

 

「この音とまれ! 」のあらすじの他、電子書籍コミックを無料で読む方法も紹介します
ミドリ君

 

 

 

「この音とまれ!」第15巻を無料で読む方法

 

「この音とまれ!」の電子書籍を読む時、漫画村や漫画タウンやzip、rarなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

これら違法なサイトは、ウィルスの感染などリスクがあります

 

漫画村などで下のような表示が出た場合はガン無視でOKです
ミドリ君
ネコ氏
最初はメチャビビります

 

危険な違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

「この音とまれ!」を安全に無料で読めるサイト

 

上記の違法サイトとは違って、安全に無料で読めるのは以下のサイトです。

「この音とまれ!」第15巻は449円なので、以下のサイトで無料で読めます。

 

無料で読めるサイト配信状況無料会員特典
music.jp 初回会員登録で961ポイント
U-NEXT 初回会員登録で600ポイント
シーモア 1冊分全額ポイントバック

 

どのサイトも立ち読み(試し読み)が出来るので、まずは立ち読みから始めてみてください
ミドリ君

 

この記事は2019年4月3日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

music.jpで安全に無料で読む!

 

music.jpでは、初回会員登録で書籍に使える961ポイントがもらえます。

music.jpをいますぐ試してみる

/ 最新の配信状況は公式サイトでご確認ください \  

ネコ氏
動画に使えるポイントも1,500ポイントもらえるので、お好きな動画も見ることが出来ます。

 

課金後も、毎月1,922円で漫画に使える1,922ポイントと動画ポイント3,000ポイントがもらえます!
ミドリ君

 

music.jpの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の30日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

ネコ氏
会員になると、漫画を買うときに10%のポイントバックもあります!
 

 

ネコ氏
music.jpの961ポイントは、サウンドトラックのダウンロードにも使えます
試聴も出来ますね
ミドリ君

 

U-NEXTで安全に無料で読む!

 

U-NEXTに初回会員登録すると、動画や書籍に使える600ポイントがもらえます。

600円以下のコミックなら無料で1冊読むことが出来ます。


/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください

 

さらに、U-NEXTは課金が始まってからも、購入金額に応じて最大40%のポイント還元があります

 

私のように毎月何冊もマンガを買う者には、嬉しいサービスです!
ミドリ君

 

U-NEXTの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の31日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。


 

 

シーモアで安全に無料で読む!

 

シーモアは、初回会員登録で1冊分の購入代金全額をポイントで返還してもらえます。

最大で1,000ポイントもらえるので、ほとんどのマンガが実質無料で読めることになります。

 

 
いますぐシーモアを試してみる!
 

ネコ氏
初回以後も定期的に30%オフなど割引クーポンをもらえるので、お得に読むことが出来ます

 

 

「この音とまれ!」第15巻のネタバレあらすじ

 

前の巻
この音とまれ! |14巻のネタバレあらすじと感想!箏の演奏の試聴はmusic.jpで!

マンガ「この音とまれ! 」は、2012年から「ジャンプSQ」で連載されているアミュー先生の作品です。   第13巻では、全国予選で思う存分「天泣」を演奏した箏曲部員たち。 感動しまくりでした ...

続きを見る

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

 

第56話・青い糸

 

全国大会予選で母親と和解することが出来た鳳月は、「ただいま」と言いながら実家に戻った。

 

晶の祖母は相変わらず憎まれ口を叩いていた。

晶は鳳月に、祖母が予選のときに拍手を送っていたことを明かした。

 

そう話す晶は内弟子を辞め、椿会に戻って一から立て直すことになったそうだ。

 

鳳月は箏曲部にも実家に戻ったことを報告し、お礼を言った。

ネコ氏
1巻のときにはプロデビューしたいと言っていましたが、どうなるんでしょうか
いずれにしても、あの頃とは別人のようになりましたね
ミドリ君

 

みんなのおかげで…」、と素直にお礼を言う鳳月を見ながら、チカは無意識のうちに鳳月の頭を撫でていた

 

突然のことに驚く鳳月だが、嬉しそうな表情を浮かべる。

 

箏のほうは、正月のショッピングモールの新春コンサートで弾く「久遠」の練習を始める。

 

散々練習したので、手が「久遠」を覚えているのはもちろんだが、以前よりも上手くなったことに気づく

 

滝浪は、以前よりも曲が良く見えるようになったろう、と話す。

晶に技術力の底上げをしてもらい、良質な音楽を聞いたりしたことで、確実に表現の幅が広がったのだ

 

特に来栖は、鳳月が目を見張るほど音にが出るようになっていた。

 

 

そんな来栖と倉田は、クラスのクリスマスパーティーに参加した。

倉田の横に座っていられれば幸せと考えていた来栖。

 

ところが、会場のカラオケボックスに入ると、クラスで一番のイケメンの横が空いていると友達に誘われてしまう。

倉田は、自分のことは気にしなくて大丈夫、と来栖をにこやかに送り出した。

 

だが、イケメンの横に行く来栖の寂しそうな表情を見た倉田は、自分のかけた言葉が間違いだったのか?と感じる。

 

イケメンの横に座った来栖は、つまらない時間を過ごす。

そして倉田もカラオケの雰囲気に馴染めないでいた。

 

来栖は1曲歌ったあと、暑くなったから、と外へ出た。

上着を持たずに出た来栖を心配して、倉田は来栖を追った。

 

来栖を見つけた倉田は、カラオケボックスに最初入ったときに、上手くフォローできなかったことを謝る

その言葉に感激した来栖は、つい「おかげで今、こうして倉田と一緒にいられるし」と、心の言葉が出てしまう・・・。

 

 

第57話・ホワイトクリスマスイブ

 

来栖の言葉に耳を疑う倉田。

 

来栖は適当にごまかし、店に戻った。

 

残った倉田は、自惚れすぎた自分を恥じていた。

そして、ただの自惚れだったことに落胆した

 

翌日、二人は少しぎこちない。

 

鳳月は、なんとなく来栖の変化を察する。

来栖の音には、昨日感じた艶も無くなっていた

 

帰り際、鳳月は明日一緒にクリスマスケーキを作りませんか、と声を掛けた。

 

翌日、ケーキを作り終えた後、鳳月は「何か必要がある時は言ってください。ちゃんと聞きますから」と話した。

 

その言葉で、来栖は鳳月がケーキを作ろうと声を掛けてくれた意味が分かった。

ありがとう」と鳳月を抱きしめた。

 

部活に出た来栖は倉田に、初めのころ自分が部を壊そうとしたとき、話を聞いて受入れてくれたことのお礼を言った

 

今ここにいれてすごい幸せだよ、一緒に全国で一位を取ろう」と続けた。

 

その言葉で倉田は気がついた。

 

自分は来栖のことが好きなんだ、と。

 

第58話・New Year

 

新年を迎え、滝浪の住むマンションアポなしで挨拶に向かう箏曲部員。

 

部屋から出てきた滝浪は、アポなしの訪問にすこぶる機嫌が悪い。

そんな滝浪をなだめながら女性が出てくる。

 

ガウン1枚の女性を見た部員たちは、「出直します」と帰ろうとする。

 

だが、この女性はピアニストの天宮清香で、滝浪の第26話)だと分かる。

清香は、弟が誰かのために作曲を始めたことを喜んでいた。

 

滝浪は、部員が揃って来た理由を訊いた。

 

倉田は、年が明けたので練習時間をまた増やしてほしいと頼んだ。

そして全員で、新年のあいさつをした。

 

滝浪は「部活も練習も、義務にはしないこと」とだけ言った。

 

 

1月7日になり、ショッピングモールでの新春コンサートを迎えた。

スポットライトで照らされたステージを見て興奮する部員たち

 

だが、それは地元のロックバンド用のステージだった。

 

時瀬高校に用意されていたのは、板を敷いただけのようなチンケな舞台だった・・・。

 

 

第59話・present

 

ショッピングモールでの演奏を始める箏曲部員。

 

しかし、セールを告知する館内放送があったりして、誰も聽いてくれない

 

客の奪い合いだと感じた部員たちは音量を上げる

しかし、聽いてくれる人など誰もいない。

 

だんだん虚しくなってくる。

 

全国予選を通過したという自信も無くなっていくようだった。

 

―――そのとき、鳳月のいつもと変わらない音に気づく

 

部員たちは、周りに流されて自分たちの音を忘れていたことを思い出す。

 

一音一音、自分たちの音を鳴らすことだけに集中する―――。

 

 

演奏が終わった後、滝浪は全国大会用の楽譜を配った。

それは、滝浪が一から作った曲だった!

 

ネコ氏

巻末に書いてありますが、この巻で1年は終わりです。

16巻からは、新学年になります!

 

いますぐシーモアで無料で読む!

 

「この音とまれ!」第15巻の感想

 

 

マンガ「この音とまれ!」を読んだ方の感想を聞きました!

 

2組のカップルの行方が楽しみ!

 

30代女性

15巻は全国予選の後の、緩和の回でした。

予選が緊張の連続だったので、こういう小休止も重要ですね。

 

その分、恋愛の話がかなり進展しました。

 

来栖さんと武蔵くんは、両思いの状態に。

 

ちょっと派手なイメージの来栖さんがクリスマスパーティーでは、武蔵くんの隣に座るだけで幸せ、なんて思っているのがキュンキュンします♪

そりゃ、箏も艶っぽい音になりますわ♪

来栖さんの喜怒哀楽の表情がメチャメチャ可愛いです

 

そして、そんな来栖さんの心の変化を感じ取れるようになったさとわちゃん

ケーキを一緒に作るのを口実に、心の支えになろうとするのが憎いです。

 

初期の頃のさとわちゃんの態度からは、考えられないですね。

 

そんなさとわちゃんと久遠くんもゆっくりですが進展しています。

 

二組とも全国大会後にはカップルになれそうで楽しみです♪

 

「倉田」と呼び捨てにするのがいい!

 

15巻は、妃呂のための巻でした(笑)

カラオケボックスから追いかけてきた武蔵に気づいた時の妃呂の表情が可愛かったです。

 

そして、武蔵をバカにしていた頃の名残で、「倉田」と呼び捨てで呼んでいるのもいいですね

カラオケボックスでは、武蔵はクラスの盛り上がりについていけず、一人でポツンと座っていました

そのへんは昔と変わらないのですが、中身は大きく成長しています。

 

それが「倉田」と呼び捨てする所に出ているように思います。

 

16巻では新学期に入るので、二人はついに3年生です。

全国大会も楽しみですが、引退も近くなるのが寂しいです。

 

引退したらどうなるんだろうと、今から心配しています(汗)

20代男性

 

 

「この音とまれ!」第15巻のまとめ

 

今回は、「この音とまれ!」第15巻を無料で読む方法、あらすじを紹介しました。

 

文章だけでは伝わらないと思うので、ぜひ、無料お試しを利用してマンガを読んでみてください!

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

U-NEXTは初回登録無料で600P!

 

いますぐシーモアで無料で読む!

 

サービスが合わない時は、忘れずに30日以内に解約しましょう。
ミドリ君

 

次の巻
この音とまれ! |16巻を無料で読める3サイト!ネタバレあらすじと感想も!

マンガ「この音とまれ! 」は、2012年から「ジャンプSQ」で連載されているアミュー先生の作品です。   第15巻では、全国予選が終わった後の部活動以外の様子が描かれ、来栖と倉田が接近。 & ...

続きを見る

 



-ヒューマンドラマ
-,

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.