ヒューマンドラマ

この音とまれ! |第9巻を無料で読む方法!ネタバレあらすじと感想も紹介!

マンガ「この音とまれ! 」は、2012年から「ジャンプSQ」で連載されているアミュー先生の作品です。

 

第8巻では、「高校生関東邦楽祭」が終わり、大きな目標「全国大会」にむけて始動した箏曲部。

 

2年生にとってこれが最後のチャンスだと知り、改めて気合を入れ直しました。

 

そして、全国予選の演奏曲を選びに鳳月の家を訪れた滝浪は、鳳月が破門されるきっかけとなったあのDVDを見つけてしまいます

 

 

第9巻では、全国予選に向けて、みんなが目標に向かって始動します。

 

全国のために何でもする覚悟を決めた鳳月は実家に行き、母親に頭を下げることもしてみせます

 

しかし、その影響が思わぬ形で出てしまいます・・・。

 

アニメ化

「この音とまれ! 」は、TVアニメ化が決定しました!

ネコ氏
筝を習いに行く人が増えそうですね

 

 

「この音とまれ! 」のあらすじの他、電子書籍コミックを無料で読む方法も紹介します
ミドリ君

 

 

 

「この音とまれ!」第9巻を無料で読む方法

 

「この音とまれ!」の電子書籍を読む時、漫画村や漫画タウンやzip、rarなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

これら違法なサイトは、ウィルスの感染などリスクがあります

 

漫画村などで下のような表示が出た場合はガン無視でOKです
ミドリ君
ネコ氏
最初はメチャビビります

 

危険な違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

「この音とまれ!」を安全に無料で読めるサイト

 

上記の違法サイトとは違って、安全に無料で読めるのは以下のサイトです。

「この音とまれ!」第9巻は449円なので、以下のサイトで無料で読めます。

 

無料で読めるサイト配信状況無料会員特典
music.jp 初回会員登録で961ポイント
U-NEXT 初回会員登録で600ポイント
シーモア 1冊分全額ポイントバック

 

どのサイトも立ち読み(試し読み)が出来るので、まずは立ち読みから始めてみてください
ミドリ君

 

この記事は2019年4月3日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

music.jpで安全に無料で読む!

 

music.jpでは、初回会員登録で書籍に使える961ポイントがもらえます。

music.jpをいますぐ試してみる

/ 最新の配信状況は公式サイトでご確認ください \  

ネコ氏
動画に使えるポイントも1,500ポイントもらえるので、お好きな動画も見ることが出来ます。

 

課金後も、毎月1,922円で漫画に使える1,922ポイントと動画ポイント3,000ポイントがもらえます!
ミドリ君

 

music.jpの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の30日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

ネコ氏
会員になると、漫画を買うときに10%のポイントバックもあります!
 

 

U-NEXTで安全に無料で読む!

 

U-NEXTに初回会員登録すると、動画や書籍に使える600ポイントがもらえます。

600円以下のコミックなら無料で1冊読むことが出来ます。


/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください

 

さらに、U-NEXTは課金が始まってからも、購入金額に応じて最大40%のポイント還元があります

 

私のように毎月何冊もマンガを買う者には、嬉しいサービスです!
ミドリ君

 

U-NEXTの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の31日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。


 

 

シーモアで安全に無料で読む!

 

シーモアは、初回会員登録で1冊分の購入代金全額をポイントで返還してもらえます。

最大で1,000ポイントもらえるので、ほとんどのマンガが実質無料で読めることになります。

 

 
いますぐシーモアを試してみる!
 

ネコ氏
初回以後も定期的に30%オフなど割引クーポンをもらえるので、お得に読むことが出来ます

 

 

「この音とまれ!」第9巻のネタバレあらすじ

 

前の巻
この音とまれ! |第8巻のネタバレあらすじと感想!漫画タウンを使わず無料で読む!

マンガ「この音とまれ! 」は、2012年から「ジャンプSQ」で連載されているアミュー先生の作品です。   第7巻の「高校生関東邦楽祭」の演奏は、チカの手首の怪我が発端で、前半は満足のいく演奏 ...

続きを見る

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

 

第32話・音の真実

 

鳳月は今でも全国箏曲コンクール第3巻)のことを夢に見る。

 

この夢を見ると、今は時瀬高校で楽しく箏を弾くことが出来ているが、いずれ別れ、また一人に戻ってしまうだろうと考えてしまう。

しかし、今は全国大会に出場することだけを考えようと、気持ちを入れ替える。

 

 

前日、2年生は2か月後の全国予選が最後のチャンスだと滝浪に言われ、気合を入れなおした部員たち。

今日は誰に言われることも無く、全員が朝練に出てきた。

 

滝浪は全国予選で演奏する曲を、鳳月が全国箏曲コンクールで弾いた曲に決めていた。

 

あの時、母親に届かなかった曲を鳳月は弾きたくない。

「こんな曲じゃ全国に行けない」と激しく拒絶する。

 

そこで、滝浪は全員を視聴覚室に集め、先日の「高校生関東邦楽祭」で最優秀校に選ばれた珀音(はくと)高校第28話)の演奏を聴かせる。

 

その演奏は、神崎澪を中心とした「正解」と言える演奏だった。

 

全国に行くためには、この珀音に勝たなければいけない。

滝浪は「正解が最高なわけじゃない」と言う。

 

次に自分たちの演奏を聴き、今の時瀬高校の最大の武器は曲に気持ちを乗せることだと説明した。

その武器を最大に生かせるのが、鳳月が全国箏曲コンクールで弾いた曲だと続ける。

 

だが鳳月は、その曲を聴くことさえ今は出来なかった。

 

昼休み、久遠は一人で居た鳳月の横に座った。

そして鳳月の演奏を二人で聴く。

 

鳳月は自分の演奏を聴いて分かった。

 

母親に届け、と思って弾いた曲は、自分の痛みや苦しみをぶつけただけの独りよがりの曲だと・・・

 

 

第33話・再会

 

翌日、再び視聴覚室に集まり、全員で鳳月の曲を聴いた。

感動で泣いてしまう一同

 

だが、全国箏曲コンクールの時は鳳月の”陰”の部分の演奏。

鳳月は曲想を変えて前向きな演奏にしたいと話し、滝浪も同意した。

 

そして今回の十七絃はチカとサネの二人が担当することになった。

問題なのは、十七絃が一面しかないこと。

 

仁科楽器で一面借りたが、今度は仁科楽器での練習の時に一面足りない。

鳳月はある覚悟をして、部活が終わった後、先に帰った。

 

鳳月が向かったのは実家だった。

 

実家の門の前で、内弟子の堂島とその孫の堂島晶に会ってしまう。

堂島は、晶を鳳月会の跡取りにしようと画策しているようだった

 

そんな堂島も居るなか、鳳月は母親に土下座をして十七絃を頼んだ

母親は、二度とここに来ないことを条件に十七絃を出した。

 

鳳月は母親にまた会うことを心に誓い、実家を後にした・・・。

 

 

第34話・陰

 

鳳月の曲のタイトルが「天泣(てんきゅう)」に決まった。

 

天泣とは、”雲の無い澄み切った空から降ってくる雨”という意味だと滝浪は説明した。

 

鳳月は、曲のことを自分以上に理解してくれている滝浪に安心した。

 

だが滝浪自身は、箏の技術を指導できないことに不安を抱えていた。

 

そんなとき、鳳月会の堂島が孫の晶をつれて学校にやって来た。

鳳月に力を貸すため、無給で晶を指導者として使ってほしいと言うのだ。

 

滝浪はその申し出を受け、早速、部員に晶を紹介した。

 

部員たちは新しい指導者を受け入れがたく、鳳月に教えてもらえばいい、と言う。

しかし、滝浪に鳳月には弾くことに専念してもらう、と言われ返す言葉が無い。

 

鳳月は、自分が実家に行ったために、厄介なものを抱えることになってしまったと危惧した。

 

とりあえず、晶には部の様子を見てもらうだけにした。

 

部員たちは「天泣」の練習を始め、晶にも楽譜を渡す。

その楽譜を見て晶の顔色が変わった。

 

1日の練習が終わり、晶の感想を聞くことに。

 

晶は、筝曲部のレベルの低さを嘆き始めた・・・

 

第35話・それぞれの決意

 

晶は鳳月も出場した全国箏曲コンクールで「水の変態」を演奏し、優勝した経歴を持つ。

 

そのため実力は確かなのだが、その言動に反感を持つ部員たちは多い

 

来栖は、鳳月がイヤだったら断ろう、と鳳月の意見を求めた。

もし何かあれば全力で筝曲部を守る覚悟の鳳月は、晶を思う存分利用しようと言った。

腕は確かなのだから、吸収できるものは全て吸収しよう、と。

 

晶は週に2回来ることになった。

来栖やコータは、楽しいはずの部活なのに気が重い。

 

晶は、まず1音を弾くように命じた。

いまさら、と考える者もいたが、やってみると晶や鳳月のように音の粒がそろわない。

 

晶は、基本的な技術も身に着けていない部員たちを見下したように指導を続ける

 

チカが立ち上がる。

一触即発かと思われたが、チカは晶の後ろから弾き方を見たかったのだ。

 

練習が終わり、晶は今日やった基本をひたすらやるように命じた

 

仁科楽器に向かう途中、来栖は晶側に付いたチカに文句を言うが・・・。

 

いますぐシーモアで無料で読む!

 

「この音とまれ!」第9巻の感想

 

 

マンガ「この音とまれ!」を読んだ方の感想を聞きました!

 

20代女性

堂島晶はトコトン嫌われてほしい!

 

滝浪先生は徹夜で曲を作り、鳳月さんは行きたくもない実家に行き頭を下げ、全員が悔いのないように真っすぐ全国大会に向け始動した9巻でした。

 

堂島晶という嫌われキャラが出てきたので、ますます面白くなってきました。

でも堂島晶は言い方にトゲはあるけど、鳳月さんの手前もあり指導内容に間違いは無いはずなので、本当にうまく利用すれば実力が上がりそうです。

 

滝浪先生も嫌われキャラでしたが、ちょっと振り幅が小さかったと思います。

ヒロ先輩も、振り幅が小さかったかな。

 

後で仲間になるにしても、その前にとことん嫌われると、逆に好きになるときも思い切り好きになれると思います。

 

なので堂島晶には、思い切り嫌われキャラとして暴れまわって、嫌われてまくってほしいです!

 

滝浪先生がカッコ良すぎ!

 

顧問の滝浪先生が話が進むにつれ、どんどん魅力を増しています!

 

毎回、口を開くたびに真理を突いた言葉を放ち、今では一番好きなキャラです。

(最初は好きになる要素は全く無かったですけど笑)

 

滝浪先生が「天泣」を作曲した鳳月さんよりも理解しているっていうのも素敵です。

そのことに信頼を寄せる鳳月さんも可愛かったー

 

その滝浪先生が、不気味な堂島のお婆さんが仕込んだ晶に喰いついた、と言うことは・・・

単に有能な指導者として受け入れたのか、それとも別の作戦があるのかな。

 

筝を離れたところでは、来栖さんと鳳月さんの恋愛も気になります。

こちらは、ほとんど進展しないのですが、二人の女子の心情を丁寧に描いていて、二人とも応援したくなります。

 

どちらも成就するといいですね。

30代女性

 

 

「この音とまれ!」第9巻のまとめ

 

今回は、「この音とまれ!」第9巻を無料で読む方法、あらすじを紹介しました。

 

文章だけでは伝わらないと思うので、ぜひ、無料お試しを利用してマンガを読んでみてください!

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

U-NEXTは初回登録無料で600P!

 

いますぐシーモアで無料で読む!

 

サービスが合わない時は、忘れずに30日以内に解約しましょう。
ミドリ君

 

次の巻
この音とまれ! |10巻をZipを使わず無料で!ネタバレあらすじと感想も!

マンガ「この音とまれ! 」は、2012年から「ジャンプSQ」で連載されているアミュー先生の作品です。   第9巻では、全国大会予選の練習のために、十七弦を借りに実家に戻った鳳月。 &nbsp ...

続きを見る

 



-ヒューマンドラマ
-,

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.