ヒューマンドラマ

この音とまれ! |第2巻のネタバレあらすじと感想!Zipを使わず無料で読む!

更新日:

マンガ「この音とまれ! 」は、2012年から「ジャンプSQ」で連載されているアミュー先生の作品です。

第1巻では、廃部寸前で倉田武蔵ひとりだった筝曲部に、久遠愛、鳳月さとわ、サネ、コータ、みっつが入部しました。

しかし、不良たちが集まり始めたことに警戒する教頭に、1ヶ月で全校生徒に認めてもらえる演奏をすると宣言してしまいます!

 

第2巻では、楽譜も読めない不良たちが試行錯誤しながら、「龍星群」という曲の練習に取り組みます!

 

 

この音とまれ! |第1巻のネタバレあらすじと感想!漫画村を使わず無料で読む!

マンガ「この音とまれ! 」は、2012年から「ジャンプSQ」で連載されているアミュー先生の作品です。   男性向マンガ雑誌に掲載されていますが、アミュー先生が少女漫画出身ということもあって、 ...

続きを見る

 

アニメ化

「この音とまれ! 」は、TVアニメ化が決定しました!

筝を習いに行く人が増えそうですね

 

 

「この音とまれ! 」のあらすじの他、電子書籍を無料で読む方法も紹介します

 

 

この記事は2018年10月6日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

いますぐシーモアで試し読みしてみる

 

マンガ「この音とまれ! 」第2巻を無料で読む方法

 

この音とまれ! 」の電子書籍を読む時、漫画村や漫画タウンやzip、rarなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

これら違法なサイトは、ウィルスの感染などリスクがあります

ダウンロードするタイプのサイトは危険度MAXです

 

でも、違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

「この音とまれ! 」を安全に無料で読めるサイト

 

上記の違法サイトとは違って、安全に無料で読めるのは以下のサイトです。

(価格は第18巻の価格です)

 

無料で読めるサイト価格(税込み)無料会員特典
music.jp 492円初回会員登録で961ポイント
U-NEXT 456円初回会員登録で600ポイント
シーモア 492円1冊分全額ポイントバック
18巻から値上がりしたので、その前の巻ならmusic.jpで2冊読めます
値上がり前は1冊449円です

 

どのサイトも立ち読み(試し読み)が出来るので、まずは立ち読みから始めてみてください

 

music.jpで無料で読む方法

 

music.jpは初回会員登録で、30日間無料で利用できて書籍に使える961ポイントがもらえます。

動画に使えるポイントも1500ポイントもらえるので、お好きな動画も見ることが出来ます。

 

 

無料会員登録のポイント

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の30日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

 

U-NEXTで無料で読む方法

 

U-NEXTは初回会員登録で「31日間の動画見放題」と書籍に使える600ポイントの特典がもらえます。

 

<U-NEXT>をいますぐ試してみる

 

無料会員登録のポイント

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の31日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

 \いますぐU-NEXTを試してみる/ / 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 

シーモアで無料で読む方法

 

シーモアは、初回会員登録で1冊分の購入代金全額をポイントで返還してもらえます。

 

いますぐシーモアで無料で読む

 

 

初回以後も定期的に30%オフなど割引クーポンが送られて来るので、お得に読むことが出来ます

 

 \いますぐシーモアを試してみる/

/ 最新の配信状況はシーモアのサイトでご確認ください \

 

「この音とまれ!」第2巻のネタバレあらすじ

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

 

第4話・新生箏曲部始動

 

部の存続をかけて、1ヶ月後に全校生徒の前で演奏することになった筝曲部。

倉田 武蔵は、部のことを考えると吐き気がしてくる・・・。

 

鳳月さとわの指導のもと、筝の勉強が始まった。

下の動画で筝の弾き方が説明されています。

 

ザッと筝の説明が終わると、鳳月は早速「さくらさくら」を弾くよう命じた。

「さくらさくら」は、こちらの動画を

 

だが、まだ楽譜すら読めないので、全く上達する気配がない

そこで鳳月は、基本練習をすっ飛ばして、1ヶ月後に弾く「龍星群」だけを練習することを提案した。

 

ちょうど「龍星群」を聴けるイベントであるとのことで、部員揃って聴きに行くことに。

そのイベントは鳳月の実家の鳳月会の主催するイベントだった。

 

だが、ステージに上がったのは小学生

小学生でも弾ける曲なら、とナメていた部員たちはその迫力に圧倒される

 

その一方、確かに小学生の演奏は素晴らしかったが、久遠愛(チカ)は以前に聽いた鳳月の筝のスゴさを改めて感じていた

「龍星群」はこんな曲。鳥肌が立つわ~

 

1ヶ月後に、この曲を弾かなければいけないと聞いた部員は「アホか!」と鳳月を睨む。

 

鳳月は、どうしてもってことなら曲を変えるけど、と挑発する。

部員たちはすぐに乗せられ、曲は「龍星群」に決まった。

 

一方、チカと倉田は、鳳月が母親を避けるように会場を後にしたことが気になっていた。

 

翌日から特訓が始まった。

鳳月のスパルタ指導に早くも音を上げ始める。

そんな甘い考えの部員たちを鳳月は逆に叱りつけた。

 

鳳月も自分自身の厳しさを自覚していた。

チカを含め、不良たちは退部してしまうだろうと考えていた。

 

ところがチカは、鳳月にギャフンと言わせるために秘密の筝を用意していた・・・

 


/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 

第5話・出来ないこと

 

部員たちの練習に真剣味が出てきたが、倉田は気になることがあった。

 

それは、鳳月が教えるのに向いていないことだった。

天才肌の鳳月の指導には、分かりやすい細かな言葉が無いのだ。

 

一方、チカたち不良組の4人は、学校での練習だけでは追いつけないことに気づいていた。

そこで、仁科楽器のお婆ちゃんに、学校帰りに琴を使わせてくれるよう頼んだ。

こうして朝から晩まで筝漬けになった4人は、驚異的なスピードで上達し、倉田と鳳月を驚かせた。

 

それぞれが自分のパートを覚えたところで、全員で合わせて弾いてみることに。

 

まず、鳳月のパートが始まる。

全員がその音色に息を飲んで、弾くことを忘れてしまう。

 

もう一度最初から弾き直す。

が、全員が自分のパートで手一杯で、バラバラになってしまう

 

鳳月は「周りの音を聞いて」と教えるが、4人にはその意味が理解できない。

何度やっても、その音色が揃うことは無かった。

 

20時になり、部活の時間が終わった。

重い空気の中、みんな黙ったまま帰り支度を始める。

 

そこで倉田は、帰りにご飯を食べに行くことを提案した。

 

全員揃って、もんじゃ焼き屋に行く。

 

鳳月はもんじゃ焼きが初めてなのか、挙動がおかしい。

もんじゃを焼くのを任され、動きが止まってしまう。

 

チカは「できねーならできねーって言え」と、もんじゃを焼き始めた。

 

倉田は完璧でいる必要は無いと、鳳月を慰めた。

みんなで一緒に考えよう、と。

 

もんじゃ焼きを初めて一口食べた鳳月は、少しだけ素直になった・・・

 

 

第6話・初めての響き

 

ようやく手拍子付きで音合わせが出来るようになってきた。

 

そして、部活が終わった後の仁科楽器での練習に、鳳月と倉田も加わるようになった。

 

だが、水原光太(コータ)は、いまいちリズムに乗り切れない

落ち込むコータに倉田は、焦らずに練習を続ければ必ず弾けるようになる、と勇気づけるのだった。

 

一方、学校の中での箏曲部の評価は悪かった。

倉田が不良の1年生達のパシリにされているという噂が広がっていた。

 

これまで、倉田は半月後に迫った全校生徒の前の演奏を聴いてもらえるかを心配していた。

しかし、まとまりつつある箏曲部を守るため、どうやって聴かせるかと考え方を変えた。

 

その頃、自分だけが遅れていると感じているコータは、一人部室で自主練を始めようとしていた

 

そこに鳳月がやって来て、何故そんなに頑張るのかを訊いた・・・

 

第7話・それぞれの想い

 

コータは、チカのお爺さんが家や楽器を壊され、同じ時期に亡くなったことを鳳月に話した。

だから、チカの力になりたいと。

 

それを聞いた鳳月に、今までに自分の口から出た言葉が押し寄せてきた。

どうしようと泣きながらチカのいる教室の方へ走る。

 

涙を流しながら、鳳月は謝った。

その涙の意味を知ったチカは鳳月をからかい、いつもの二人に戻った

 

全校生徒の前での発表が、再来週の朝会に決まった。

最後の追い込みで練習を重ね、やっと最後まで暗譜(楽譜を見ない)で弾くことが出来た。

 

それを聴いていた仁科楽器のお婆ちゃんは、あとは気持ちの在り方だと話した。

何のために弾くのか、誰に届けたい音なのか…。

 

本番の日が来た。

鳳月は大きい十七弦の筝をチカに運んでくれるよう頼んだ。

1ヶ月前、学校に持ってくるときは、チカの助けを断って一人で運んだのに

 

体育館の舞台袖に着くと、不良達がガチガチに緊張し始めた。

 

鳳月は「今のあなた達なら絶対大丈夫」と勇気づけた。

 

よっしゃいこ!の掛け声で、箏曲部員はステージに歩き始めた。

 

 

「この音とまれ!」第2巻の感想

 

 

マンガ「この音とまれ!」を読んだ方の感想を聞きました!

 

20代女性

「絶対大丈夫」の言葉に感動!

 

琴は全然知りませんでしたが、全く問題なく楽しく読んでいます。

何かに打ち込む姿は、やっぱりイイですね!

 

設定は、不良、ツンデレ、影の薄い部長、とベタといえばベタなのですが、話が面白く、泣けるシーンもいくつもあります

 

私が好きなのは、さとわが自分の琴を久遠に持たせた後の、「絶対大丈夫」の言葉ですねー。

あの生意気で傲慢だったさとわが、仲間を信頼することができるようになったことに感動しました

 

すぐ後に、照れ隠しで高飛車なことを言ってしまうのも良いですね。

1巻では本心からの高飛車な発言が今は照れ隠しになったのが、成長を物語っています

 

それから舞台に向かっていく姿がかっこ良すぎです

もう最終回かと思ってしまうほど(笑)

 

この流れは全校生徒に認められる展開でしょうが、でもやっぱり続きが読みたくなります!

 

教える側の苦悩が分かる!

 

鳳月の出来てしまうが故に、人に教えることが出来ないことに共感しました。

人に教えるのって本当に難しくて、例えば自転車の乗り方を教えるのって難しくないですか?

 

それと同じで、どんなことでも教えるのは大変です。

名選手に名監督はいない」との言葉も同じ意味ですね。

 

教えられる側が努力する漫画は今まで沢山ありましたが、教える側の苦悩にスポットを当てたのが良かったと思います

 

その意味で、楽器屋のお婆ちゃんがいい味を出していますね。

言葉で教えにくい「曲想」の意味を分かりやすく教えてくれました。

今後もお婆ちゃんのセリフには要注目です。

 

ストーリーの方でも、お婆ちゃんは鳳月のことを何か知っていそうな伏線がありました。

哲生が箏曲部に入らない理由も、今後明かされていくんでしょう。

 

3巻も楽しみです!

30代男性

 

 

 



-ヒューマンドラマ
-,

Copyright© まんが道楽 , 2018 All Rights Reserved.