ヒューマンドラマ

マンガ「夫のちんぽが入らない」Zipを使わず無料で読む!1巻のネタバレあらすじ!

マンガ「夫のちんぽが入らない」は、2018年から「週刊ヤングマガジン」で連載されているゴトウユキコ先生の作品です。

主婦のこだまさんが2014年に発表した同名小説が原作になっています。

 

今回は「夫のちんぽが入らない」第1巻のあらすじの他、電子書籍を無料で読む方法も紹介します
ミドリ君

 

 

この記事は2019年3月27日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

 

マンガ「夫のちんぽが入らない」第1巻を無料で読む方法

 

夫のちんぽが入らない」の電子書籍を読む時、漫画村や漫画タウンやzip、rarなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

これら違法なサイトは、ウィルスの感染などリスクがあります

ダウンロードするタイプのサイトは危険度MAXです
ミドリ君

 

でも、違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

「夫のちんぽが入らない」を安全に無料で読めるサイト

 

上記の違法サイトとは違って、安全に無料で読めるのは以下のサイトです。

 

マンガ「夫のちんぽが入らない」は648円なので、U-NEXTは追加料金が必要になります。

 

無料で読めるサイト配信状況無料会員特典
music.jp 初回会員登録で961ポイント
U-NEXT 初回会員登録で600ポイント
シーモア 1冊分全額ポイントバック

 

どのサイトも立ち読み(試し読み)が出来るので、まずは立ち読みから始めてみましょう
ミドリ君

 

music.jpで安全に無料で読む!

 

music.jpでは、初回会員登録で書籍に使える961ポイントがもらえます。

music.jpをいますぐ試してみる

/ 最新の配信状況は公式サイトでご確認ください \  

ネコ氏
動画に使えるポイントも1,500ポイントもらえるので、お好きな動画も見ることが出来ます。

 

課金後も、毎月1,922円で漫画に使える1,922ポイントと動画ポイント3,000ポイントがもらえます!
ミドリ君

 

music.jpの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の30日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

ネコ氏
会員になると、漫画を買うときに10%のポイントバックもあります!
 

 

U-NEXTで安全に読む!

 

U-NEXTは動画配信で有名なサイトですが、電子書籍も取り扱っています。

 

U-NEXTに初回会員登録すると、動画や書籍に使える600ポイントがもらえます。

追加料金を支払うことで1冊読むことが出来ます。


/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください

 

さらに、U-NEXTは課金が始まってからも、購入金額に応じてポイント還元があります

 

私のように毎月何冊もマンガを買う者には、嬉しいサービスです!
ミドリ君

 

U-NEXTの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の31日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。


 

 

シーモアで安全に無料で読む!

 

シーモアは、初回会員登録で1冊分の購入代金全額をポイントで返還してもらえます。

最大で1,000ポイントもらえるので、ほとんどのマンガが実質無料で読めることになります。

 

 
いますぐシーモアを試してみる!
 

ネコ氏
初回以後も定期的に30%オフなど割引クーポンをもらえるので、お得に読むことが出来ます

 

 

マンガ「夫のちんぽが入らない」第1巻のネタバレあらすじ

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

第1話・春陽 1

 

1998年 春。

文志大学に入学した鳥井さち子は、何もない田舎と不仲な両親の元を離れ、ボロアパート「双葉荘」で新生活を始めた。

 

さち子が荷物を片付けていると、一学年上の倉本慎(くらもとしん)が勝手にドカドカと上がり込んできた。

自分の部屋のようにくつろぐ慎に戸惑うさち子だったが、すぐに慣れ、そして惹かれていった。

 

ある日、慎に告白され、二人は付き合うことになった。

だが、セッ○スのときに問題が生じた。

慎の性器が、さち子に入っていかないのだ。

 

第2話・春陽 2

 

結局、セッ○スすることは出来なかった。

「すみません」と謝るさち子に、慎は初めてだから仕方ないと慎は言った。

その言葉に、さち子は行きずりの男相手に処女を散らした日を思い出す。

 

半ば義務感で行ったセッ○スはできたのに、愛する相手の性器は入らない

そのことに悩みが深くなる。

 

 

第3話・春陽 3

 

慎が双葉荘に山下という女性を連れて来た。

サークル仲間だと言うが、2人の仲の良さにさち子はヤキモキしてしまう。

山下に「兄妹みたい」と慎との関係を言われたことが、さち子の頭から離れない。

 

その夜に入った人生初のラブホテルでも、セッ○スは出来なかった。

 

だが、さち子は口でする方法を学んだ。

 

第4話・春陽 4

 

1999年、春。

双葉荘に来てから、1年がたった。

慎とセッ○スできないことに、夢でうなされるようになっていた

 

さち子を苦しめているのは「付き合っているならセッ○スしてて当たり前」という、世間の普通の感覚だった。

 

ある日、さち子はゼミの飲み会で、性器の大きい慎との関係をイジられた。

このとき、セッ○スできないことに人一倍こだわっているのは自分だと気づく。

 

第5話・春陽 5

 

さち子は自分が性に疎すぎると感じ、解決策を求めて過激なエロ系雑誌を買い漁る。

しかし、そこにあったのは貪欲に性を愉しむ人々の姿であり、やりたくてもやれない自分との間に深い溝を感じた。

 

2001年、3月。

高校教師になった慎は隣県に引っ越すことになった。

最後に彼は「卒業したら結婚するぞ」と言い残して去って行った。

 

 

第6話・春陽 6

 

さち子が結婚という言葉に思い出すのは両親の姿。

お互いの悪いところを探り合い、罵り合っていた両親の姿を見て育ったさち子は、結婚に夢を抱けなくなっていた

 

しかし、慎からのポロポーズで、結婚とは好きな人と一緒にいたいこと、とシンプルに考えられるようになった。

 

初任給を支給された慎に、さち子は安いながらも結婚指輪を買ってもらう。

 

第7話・春陽 7

 

遠距離恋愛になっても、毎日の電話がさち子から孤独を忘れさせていた。

だが、さち子は相変わらずセッ○スできないことに悩んでいた

 

ある日、テレビ番組で抜けなくなった指輪を外す裏技を見たさち子は、入れる工夫をすることを思い立つ…。

 

いますぐシーモアで無料で読む!

 

マンガ「夫のちんぽが入らない」第1巻の感想!

 

マンガ「夫のちんぽが入らない」を読んだ方の感想を聞きました!

 

40代男性

男女の関係はセッ○スだけでは無い!

 

まず、絵ヂカラがスゴイです。

好き嫌いの分かれる絵なのかも知れないですが、私はすごく好きです

漫画の世界にドンドン引き込まれていきます。

こんな絵を女性が描いていると知って、さらに驚きました。

 

そして、タイトルもすごいですね(笑)

男でも、書店でレジに持っていくのは抵抗があります。

同じような悩みを持つ女性に読んでもらいたいけど、書店で買うのは難しそうです。

ネットの電子書籍向けのマンガですね。

 

ストーリーの方は、セッ○スだけが男女の関係をつなぐものでは無いことを教えてくれていると思います。

セッ○スだけの関係で付き合い、結婚し、離婚するカップルへの教科書になるのではないでしょうか。

 

笑えない夫婦の切実な問題!

 

小説の方はツイッターとかで紹介されているのをよく見ました。

結局、読まずじまいだったのですが、漫画化されたので読んでみました

 

タイトルのイメージでは、もっとエロイ内容なのかと思っていましたが、全然違っていました。

 

主人公の悩みは、はたから見ると笑い事のようにも見えますが、なかなか人に相談できるような話でも無く、切実ですね。

この後、セッ○スの出来ない男女が結婚するという流れになるんでしょうが、心だけのつながりで夫婦生活を保てるのか心配です。

 

それにしても夫婦の悩みは、それぞれ違うんだな、と改めて感じました

30代男性

 

 

「夫のちんぽが入らない」第1巻のまとめ

 

今回は、「夫のちんぽが入らない」第1巻のあらすじ、感想、無料で読む方法を紹介しました。

 

文章だけでは伝わらないと思うので、ぜひ、無料お試しを利用してマンガを読んでみてください!

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

U-NEXTは初回登録無料で600P!

※U-NEXTは600ポイントもらえるので、料金追加で1冊読めます。

いますぐシーモアで無料で読む!

 

サービスが合わない時は、忘れずに30日以内に解約しましょう。
ミドリ君

 

次の巻
マンガ「夫のちんぽが入らない」2巻のネタバレあらすじ!無料で読む方法も

マンガ「夫のちんぽが入らない」は、2018年から「週刊ヤングマガジン」で連載されているゴトウユキコ先生の作品です。 主婦のこだまさんが2014年に発表した同名小説が原作になっています。   ...

続きを見る

 



-ヒューマンドラマ
-,

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.