ヒューマンドラマ

アクタージュ|第2巻のネタバレあらすじと感想!zipを使わず無料で読む!

更新日:

漫画「アクタージュ」は、週刊少年ジャンプで2018年から連載中の原作:マツキタツヤ先生、漫画:宇佐崎しろ先生の作品です。

 

第1巻では、女子高生の夜凪景は、映画監督・黒山の制作会社「スタジオ大黒天」の女優になりました

監督から仕事を与えられていた夜凪でしたが、自分で仕事を探すため映画「デスアイランド」のオーディションに挑戦することに!

 

第2巻では、映画「デスアイランド」の撮影が進行していくのと同時に、夜凪景の成長が見られます!

 

 

今回は「アクタージュ」第2巻のあらすじの他、電子書籍を無料で読む方法も紹介します

 

 

この記事は2018年9月12日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

 

マンガ「アクタージュ」第2巻を無料で読む方法

 

アクタージュ」の電子書籍を読む時、漫画村や漫画タウンやzip、rarなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

これら違法なサイトは、ウィルスの感染などリスクがあります

ウィルス対策は絶対にしておきましょう

 

でも、違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

U-NEXTで無料で読む

 

「U-NEXT」は初回会員登録で「31日間の動画見放題」と「600ポイント」の特典がもらえます。

 

 \無料お試し期間でも600ptもらえる/ / 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 

U-NEXTで「アクタージュ」は1巻418円なので、最新刊でも無料で1冊読むことが出来ます

ジャンプコミックスは2018年8月から値上がりしました

 

/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 

<U-NEXT>をいますぐ試してみる

 

 

music.jpで無料で読む

 

U-NEXTと同じように、音楽配信大手の「music.jp」(ミュージック・ドット・ジェーピー)でも、今なら初回会員登録で「961ポイント」もらえます。

 

 

music.jpで「アクタージュ」は1巻451円なので、無料で2冊読むことが出来ます

 

 

 

無料会員登録の注意点

 

無料会員登録の注意点

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間が過ぎると自動で課金が始まります

 

サービスが合わない時は無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

【U-NEXT】初回登録は31日間無料!

 

 

 

マンガ「アクタージュ」第2巻のネタバレあらすじ

 

アクタージュ|第1巻のネタバレあらすじと感想!漫画村を使わず無料で読む!

漫画「アクタージュ」は、週刊少年ジャンプで2018年から連載中の原作:マツキタツヤ先生、漫画:宇佐崎しろ先生の作品です。   マツキタツヤ先生が1991年5月29日生まれ、宇佐崎しろ先生が1 ...

続きを見る

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

第8話・オーディション(2)

 

芸能事務所「スターズ」の看板女優・百城千世子が主演する「デスアイランド」のオーディションを受験した夜凪景

第3次審査は、4人一組でのエチュード(即興劇)だった。

 

設定は、無人島に漂着した4人が5分後に殺し合いを始めるというもの。

「殺し合い」とか夜凪に演じさせたら・・・

 

夜凪以外の3人は無難に演技を始めた。

しかし、「島に漂着した」夜凪は、なぜここが無人島だと分かるのか疑問を投げかける。

 

第9話・オーディション(3)

 

ここが無人島かどうかを問われた3人は、調和した演技が出来ない夜凪にイラつき始めた

演技ではなく素で怒り始める者が出て、途中でエチュードは終了した。

 

夜凪はまた役に入り込み過ぎて失敗したと反省した。

 

しかし、共演者にも審査員にも、夜凪の演技をもっと見たいと思い始める者がいた。

 

第10話・顔合わせ

 

夜凪はオーディションに合格したが、どうしたら自分をコントロールできるのか悩んでいた。

黒山は、演じている自分を俯瞰して見る力が夜凪には足りないと言う。

 

他に足りないことは、自分で他の役者から盗め、とアドバイスした。

特に主役の百城千世子の異常なほどのテクニックは盗みがいがある、と。

 

そして「デスアイランド」の出演者の顔合わせの日が来た。

 

 

第11話・顔合わせ(2)

 

顔合わせのときに夜凪は、百城千世子本人に顔が視えないと言って、怒らせてしまった。

 

千世子は、自分のことを商品として完全に客観的に見ることができる女優だった。

周りの人間に、自分がどう映っているのかだけを見ている。

だから、夜凪には千世子の顔が視えない

 

逆に夜凪は周りの人間に、自分がどう映っているのかが見えない。

 

夜凪は、千世子のマネをするのではなく、自分のままで千世子のようになると決めた

 

第12話・クランクイン

 

「デスアイランド」の撮影が始まり、夜凪は千世子のテクニックを盗もうと注目していた。

千世子はどのカメラが自分を撮っているのかも把握している。

その俯瞰して見る力に、改めて夜凪は驚いた。

 

一方、夜凪の明日の撮影は、目の前で同級生が殺されるシーン

 

夜凪は、そのシーンで自分が嘔吐するだろうと予測していた。

が、少しずつ変わろうとする夜凪は、明日までになんとかしようと練習をするのだった。

 

第13話・夜凪の俯瞰

 

翌日、撮影前に夜凪はカメラの位置をチェックした

 

本番が始まり、夜凪の目の前で同級生が斬られる。

青ざめた夜凪は、予想通り嘔吐する

しかし、俯瞰を覚えつつある夜凪は、NGにすることは避けることが出来た。

 

 

第14話・異変

 

夜凪のゲロは、撮影所の話題を独り占めした。

 

夜凪を意識した俳優たちは、必要のないシーンでも体を張るようになった

が、それもオーディション組だけ。

 

芸能事務所「スターズ」の俳優達は、オーディション組の演技に反感を持ち始めていた

 

第15話・千代子の仮面

 

オーディション組の湯島茜は、自分の最大の見せ場となる千世子との共演シーンに燃えていた。

夜凪を見習い、夢中に一心で演じることを決意して、撮影に臨んだ。

 

茜は一心不乱に演じた

その演技は、以前と比べて見違えるほど上手くなっていた。

 

が、茜の体当たりの演技を、千世子は静かにかわした

本来ならぶつかりあうシーンを静かに演じることで、綺麗な主人公・千世子を引き立たせたのだ。

 

第16話・友達

 

映画の終盤、夜凪と千世子の共演シーンがある。

夜凪が千世子の身代わりになって死ぬシーンだ。

 

そのシーンのために夜凪は千世子と友だちになろうとするが、芝居に心は必要ない、と断られる。

 

しかし、夜凪は過去の体験で演じるだけでなく、代用を使って演じることを覚え始めていた。

オーディション組の3人の友達を合わせて、「友達の千世子」を心の中に創造した。

 


/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 

マンガ「アクタージュ」第2巻を読んだ方の感想!

「アクタージュ」第2巻を読んだ方に感想を聞きました!

 

ジャンプ漫画っぽくなってきた!

 

ジャンプ漫画らしくないと言われていますが、2巻になると敵や友情の要素が出てきて、ジャンプっぽい漫画になってきた気がします。

魔法を覚えるように、夜凪景は演技のテクニックを覚えているのも、ジャンプ漫画っぽいです。

 

特異な性格だった夜凪景に仲間が増え、誰からも好かれそうなタイプの百城千世子が孤独に見えてくるのも面白いですね。

 

1巻の頃はジャンプの掲載順が後ろの方で、打ち切られるんじゃないかとヒヤヒヤしていました

最近は順位が上がってきたので、着実にファンが増えているのでは無いでしょうか。

早くアニメ化して安心させてほしいです!

 

ただ気になるのは、単行本を置いてない本屋が多いことですね(汗)

20代男性

 

30代男性

小さくまとまろうとしない夜凪に感動!

 

顔が視えない」の言葉の意味がこの2巻終わりの辺りでようやく分かりました。

 

言葉の意味が分かると、天才肌の夜凪技巧派の千世子との対決がよく分かるようになりました。

 

攻撃力のある大きな刀を振り回し、上手く操れなくて味方も傷つけてしまう夜凪。

1巻では、他人を傷つけてしまうのを知りながら、大きな刀を振り回し続けるだけでした

2巻では、その大きな刀を使いこなせるように努力する姿が描かれました。

 

感動したのは、大きな刀を小さな刀に変えようとしないところ

これは、自分の人生にも当てはめることが出来そうです。

大きな刀を振り回して、後悔のない人生を送りたいものです。

 

11話で、千世子の様になりたいか?と聞かれて、もっと自由に演じたい!と答えたのが良かったです!

 

 

 

 



-ヒューマンドラマ
-

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.