ヒューマンドラマ ファンタジー

東京喰種:re|第11巻のネタバレあらすじと感想!漫画も動画も無料で!

「東京喰種トーキョーグール:re 」は、週刊ヤングジャンプで2014年46号から2018年31号まで連載された石田スイ先生の漫画です。

 

第10巻では、負傷した真戸暁を助けるためCCGのラボに潜入したカネキは、RC抑制剤に入れられた亜門鋼太朗を発見しました。

第11巻では、暴走する亜門を抑制しながら、真戸暁を助けます!

 

 

今回は、「東京喰種トーキョーグール:re」の第11巻のネタバレあらすじ、感想を紹介します!

 

この記事は2018年8月29日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

第11巻を無料で読む方法も紹介します
ミドリ君

 

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

「東京喰種トーキョーグール:re」第11巻を無料で読む方法

 

「東京喰種:re」の電子書籍を読む時、漫画村や漫画タウンやzipなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

でも、違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

U-NEXTで無料で読む

 

「U-NEXT」は初回会員登録で「31日間の動画見放題」と「600ポイント」の特典がもらえます。

 

/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 

U-NEXTで「東京喰種:re」は無料で1冊読むことが出来ますが、16巻だけが665ポイントなので、65円追加しないと読めません。

 

U-NEXTをいますぐ試してみる

 

 

music.jpで無料で読む

 

そして、U-NEXTと同じように、音楽配信大手の「music.jp」(ミュージック・ドット・ジェーピー)でも、今なら初回会員登録で「961ポイント」もらえます。

 

/ 最新の配信状況は公式サイトでご確認ください \

 

music.jpで「東京喰種:re」はどの巻でも1冊読むことが出来ます。

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

アニメ、映画を見る

U-NEXTもmusic.jpも動画配信がメインのサイトです。

「東京喰種シリーズ」のアニメや映画も視聴できます。

(視聴できる作品は変わりますので、最新の情報は、各サイトで確認してください)

 

U-NEXTの動画

「U-NEXT」は「見放題」と書かれている作品は、無料で観ることが出来ます。

 

music.jpの動画

「music.jp」は、動画の視聴に使えるポイントが「動画ポイント」です。

初回会員登録で1500ポイントもらえるので、このポイントの範囲内であれば無料で視聴できます。

 

 

music.jpをいますぐ試してみる

 

無料会員登録の注意点

無料会員登録の注意点

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間が過ぎると自動で課金が始まります

 

ネコ氏
サービスが合わない時は無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

 

「東京喰種トーキョーグール:re」第11巻のネタバレあらすじ

 

トーキョーグール:re|第10巻のネタバレあらすじと感想!漫画村を使わず無料で読む!

「東京喰種トーキョーグール:re 」は、週刊ヤングジャンプで2014年46号から2018年31号まで連載された石田スイ先生の漫画です。   第9巻では、最後は亜門鋼太郎の登場もあったりして、 ...

続きを見る

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

亜門の目覚め

 

RC抑制剤のカプセル内の亜門が目覚め、カネキ達に気づきガラスをぶち破り出てきた。

カネキと亜門は敵同士でありながらも、お互いを認め合う存在

亜門を助けたい」とうカネキの気持ちに気付いたアヤトは、「お前が今すべき事は、抑制剤を持ち帰る事だろ!」と諭す。

 

カネキは我に返り、亜門を滝沢とクロナに任せ真戸の元へ急いだ

滝沢とクロナは亜門と戦いながらも、亜門を正気に戻し連れて帰るつもりでいた。

 

滝沢は、捜査官時代やアオギリに囚われてからも、自らが信じる正義を貫く姿勢を崩さない亜門をずっと尊敬してきた

嘉納医師の元で囚われていた時も、隣の牢獄から励まし続けてくれた亜門。

そんな亜門の心を必死に呼び覚まそうとした結果、なんとか鎮静化することに成功し連れて帰る事ができたのだった

 

真戸アキラと亜門

 

そして、数日後。

カネキが持ち帰った抑制剤で、意識を取り戻した真戸だったが、現実の状況に戸惑いを隠せないようだった。

捜査官には戻れない現実。

 

そして、真戸の父親とは因縁の相手であるヒナミトーカ

喰種になってしまった亜門に対しても、「いまは、喜ばしいも腹立たしいもない

「ただ、ただ、困惑している」と告げた。

 

だが、カネキやトーカと話すうちに少しづつ気持ちに変化が起きてきたようだった。

そして、亜門とも向き合い「俺が、そばで支える」という言葉で真戸アキラは、ようやく心が決まったようだった。

 

暴走する瓜江

 

一方、ポルポラに煽られ、暴走し凶暴獣のようになってしまった瓜江は、才子や仲間の事も認識できなくなり襲いかかってきた。

Qsが自我を失って暴走した時には、Sレート喰種とみなし駆逐しなければならない。

 

だが、才子は瓜江を助けると決めた

才子の能力を駆使し、なんとか抑制剤を打つことで瓜江の意識は元に戻す事ができた。

 

和修吉福

 

その頃、CCGの局内では大きな変動が起こっていた。

局長代理の和修政が、Vに襲われて行方不明に。

CCGのトップは旧多二福改め「和修吉福(キチムラ)」に決まった。

 

吉福は、新しいQs部隊、子供のクインクス集団「オッガイ」を発表した。

その壇上に現れたのは、カネキ。

 

吉福は、そのカネキの首を即座にハネた。

そして、その様子がテレビで報道されたのだった。

宇井特等は、そんな状況を見てCCGは終わった…と感じていた。

 

黒山羊のアジトと六月透

 

その頃、黒山羊のアジトでは、仲間がテレビを見ていた。

「カネキが処刑されたね…」「カネキそこにいるのにねぇ」

どうやら、カネキの処刑は吉福のパフォーマンスだったらしい。

 

その後、新しいクインクス集団オッガイが、カネキ達のアジトをつきとめはじめた

アジトを移しても無駄と考えたカネキは、各アジトを解散することに決め、常に移動することとした

 

『:re』も閉めることになり、ドアを開けると目の前に六月透が笑顔で立っていた。

 

 

「東京喰種トーキョーグール:re」第11巻の感想

 

 

カネキと亜門の再会の巻でしたが、何故かあっさりと亜門を連れ帰ることができてしまった印象です。

このまま、カネキ側につくとしたら喰種化させた意味がなかったですね。

嘉納医師はただ実験が好きなだけなのかもしれません。

旧多は今オッガイに夢中だから、亜門達はどうでもいいのかも?

 

亜門と真戸アキラも再会して、ハッピーエンドな雰囲気でした。

ですが、真戸アキラの捜査官ぶりがもう見れないのかと思うと寂しいです。

内面はわりと人間くさくて弱い真戸

その真戸が、部下をぼろくそにいいながら、指揮をとっている姿が好きでした。

また捜査官に戻って新しい部下を育ててほしいです

 

瓜江は戦闘のたびに、のようになってしまいますが、この先大丈夫なのでしょうか?

いつも、心のゲスい声が漏れている瓜江。

最初の頃こそ嫌な奴だな…と思っていましたが、最近はそんな心の声を楽しみにしています

最後に登場したが恐ろしい…トーカが心配です。

 

/ 最新の情報はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 

 



-ヒューマンドラマ, ファンタジー
-

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.