戦争

空母いぶき|第4巻ネタバレあらすじ!無料で読むおすすめの方法!軍事衝突!

更新日:

マンガ「空母いぶき」は、2014年からビッグコミックで連載中のかわぐちかいじ先生の漫画です。

 

第3巻では、尖閣諸島の領有権を主張する中国との交渉は平行線。そのため、第5艦隊には「防衛出動」と「戦闘回避」の矛盾した指示が

第4巻では、中国との交渉が決裂し、ついに武力衝突が始まります!

 

今回は、「空母いぶき」第4巻のネタバレあらすじを紹介します。

 

 

この記事は2018年8月29日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

単行本を無料で読む方法も紹介します
ミドリ君

 

 

 

「空母いぶき」第4巻を無料で読む方法

 

「空母いぶき」の電子書籍を読む時、漫画村や漫画タウンやzip、rarなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

これら違法なサイトは、ウィルスの感染などリスクがあります

 

漫画村などで下のような表示が出た場合はガン無視でOKです
ミドリ君
ネコ氏
最初はメチャビビります

 

危険な違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

「空母いぶき」を安全に無料で読めるサイト

 

上記の違法サイトとは違って、安全に無料で読めるのは以下のサイトです。

「空母いぶき」第4巻は594円なので、以下のサイトで無料で読めます。

 

無料で読めるサイト配信状況無料会員特典
music.jp 初回会員登録で961ポイント
U-NEXT 初回会員登録で600ポイント
シーモア 1冊分全額ポイントバック

 

どのサイトも立ち読み(試し読み)が出来るので、まずは立ち読みから始めてみてください
ミドリ君

 

この記事は2019年3月28日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

music.jpで安全に無料で読む!

 

music.jpでは、初回会員登録で書籍に使える961ポイントがもらえます。

music.jpをいますぐ試してみる

/ 最新の配信状況は公式サイトでご確認ください \  

ネコ氏
動画に使えるポイントも1,500ポイントもらえるので、お好きな動画も見ることが出来ます。

 

課金後も、毎月1,922円で漫画に使える1,922ポイントと動画ポイント3,000ポイントがもらえます!
ミドリ君

 

music.jpの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の30日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

ネコ氏
会員になると、漫画を買うときに10%のポイントバックもあります!
 

 

U-NEXTで安全に無料で読む!

 

U-NEXTに初回会員登録すると、動画や書籍に使える600ポイントがもらえます。

600円以下のコミックなら無料で1冊読むことが出来ます。


/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください

 

さらに、U-NEXTは課金が始まってからも、購入金額に応じて最大40%のポイント還元があります

 

私のように毎月何冊もマンガを買う者には、嬉しいサービスです!
ミドリ君

 

U-NEXTの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の31日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。


 

 

シーモアで安全に無料で読む!

 

シーモアは、初回会員登録で1冊分の購入代金全額をポイントで返還してもらえます。

最大で1,000ポイントもらえるので、ほとんどのマンガが実質無料で読めることになります。

 

 
いますぐシーモアを試してみる!
 

ネコ氏
初回以後も定期的に30%オフなど割引クーポンをもらえるので、お得に読むことが出来ます

 

 

「空母いぶき」第4巻のネタバレあらすじ

 

前の巻
空母いぶき|第3巻ネタバレあらすじ!電子書籍を無料で読む!平行線

マンガ「空母いぶき」は、2014年からビッグコミックで連載中のかわぐちかいじ先生の漫画です。   第2巻では、中国政府は戦争を望まないとの声明を出しながら、自衛隊機を撃墜!   第 ...

続きを見る

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

第24話・深海の攻防

 

第5艦隊群の潜水艦「けんりゅう」は、政府の「防衛出動」と「戦闘回避」の矛盾する指示に悩んでいた。

そのとき、中国軍の潜水艦「遠征102号」が第5艦隊群に向けて魚雷を発射!

 

「けんりゅう」が魚雷で応戦しようとしたその時!

パトロール中だったはずの「せとしお」が「遠征102号」に接近していた。

そのまま「せとしお」は「遠征102号」の艦橋に体当たりをする

 

両艦は接触し、潜航不能になった。

「せとしお」は、戦闘を避けるための戦い方を見せたのだった

 

一方、第5艦隊群に向かった魚雷は、囮魚雷(でこい)マスカー弾(気泡で魚雷のセンサーをかく乱する)を使って紙一重のところでかわした。

 

第25話・滝艦長の選択

 

「せとしお」に体当りされた「遠征102号」は、水上に上がり母艦に戻っていった

しかし、まだ「遠征103号」が潜んでいる。

 

「遠征103号」は「けんりゅう」のみを狙い、魚雷を発射してきた。

「けんりゅう」の滝艦長は、「せとしお」が戦争を回避するために体当たりで「遠征102号」を撃退したことを無には出来ない。

マスカー弾を撃ち、敵の魚雷を撹乱させる。

 

「けんりゅう」は魚雷をかわしたが、中国軍はすぐに第2弾の魚雷を発射した。

それに合わせ、滝艦長は2基の魚雷を発射した!

 

 

第26話・防禦の臨界

 

「けんりゅう」の魚雷は、敵の魚雷とともに爆発した

このときに敵の魚雷には触れておらず、すれ違いざまに爆発したのだ

魚雷で誘爆させる技術に驚く中国軍

 

そのあとは、威嚇のために「遠征103号」の後方に爆弾をばら撒いただけで、直接の攻撃はしなかった。

中国軍の「殺す」攻撃に対して、日本軍は、かわしたり威嚇したりすることしかできない

 

「防衛行動」と「戦闘回避」の矛盾した指示に、第5艦隊の中にフラストレーションが溜まる。

 

しかし、秋津艦長は全く別の考えだ。

秋津は、日本の技術の高さを見せつけ、それを中国軍に知らしめ、恐れさせたかった

恐れさせれば、今後の戦局で優位に立てる。

そのために、あえて中国潜を沈めなかった、と話すのだった。

 

第27話・総理大臣 垂水慶一郎

 

首相官邸の周りは、デモで集まった民衆で埋め尽くされた

国民の意見は、武力による奪還戦争回避の真っ二つに分かれた。

 

それは垂水慶一郎首相も同じだった。

先島諸島だけの戦闘で済めば良いが、日中戦争の引き金にもなりかねない。

自衛隊員だけでなく、中国兵にも死者は出る。

 

そんな武力行使の命令を出すのは、果たして正しいのか?

迷い続ける垂水慶一郎だった。

 

 

第28話・接見

 

先島諸島原状回復のため、陸海空の自衛隊による作戦会議が行われた。

あくまで戦争突入回避が大前提となる

 

中国軍は、すでに尖閣諸島にヘリポートを作り、対空ミサイルの配備も始めていた

本格的な戦闘が始まれば、全隊員の5%の死者が出ると予想された。

会議場に緊張が走る。

 

そのころ秋津艦長は、先日収容した中国人パイロットと接見をしていた。

秋津の疑問は、中国人パイロットの未熟さだった。

聞くと彼は、空軍ではなく海軍のパイロットだった。

 

中国海軍は、空軍や陸軍の格下と見られる。

今回の侵攻作戦は、海軍の焦りと自負が引き起こしたものではないかと、秋津は見ていた

 

第29話・オペレーション「はやぶさ」

 

4月28日。

中国の外交部で、2度めの交渉が行われた。

中国の主張は前回と変わらず、釣魚島を中国固有の領土と認めることだった

交渉は決裂した。

 

垂水首相は、多良間、与那国、そして尖閣を武力で奪還することを決定した

この奪還作戦は、「はやぶさ」と命名された。

はやぶさは、自分よりも大きな鳥にも立ち向かうと言われている。

 

政府、自衛隊は、日中の戦争だけは回避したい。

しかし、国民は戦争を恐れ、東京から地方へ移動を急いだ。

 

 

第30話・梟の眼

 

秋津艦長は、飛行隊の隊員を集め作戦を指示した。

その作戦は、中国の戦闘機「殲20」を背後から操る「空警500」を叩くことだった。

「空警500」の450キロあるレーダー探知能力を無力化すれば、「殲20」は目の見えない鳥になる

先制攻撃で「空警500」を墜落させる作戦だ。

 

専守防衛では無いのではないかと、質問が出る。

秋津は、「ここで負けたら日本は負けるのだ。」と答えた。

 

死を覚悟して「いぶき」からF35が発艦する。

パトロール中の「殲20」をすり抜け、「空警500」の背後に回り、ロックオン!

 

「空警500」を撃墜し、「殲20」のレーダーはブラック・アウトした。

 

第31話・闇の中の影

 

「空警500」を撃墜され、レーダー能力が低下した中国軍だが、迎撃態勢を崩さない。

 

接近戦でF35に挑んでくる

しかし、機力で勝る日本軍に撃墜される。

残った中国機は空母「広東」に引き揚げ、秋津の作戦は成功した。

 

しかし、中国軍はすぐに複数の戦闘機を発艦させてきた。

 

 

「空母いぶき」第4巻のまとめ

 

今回は、「空母いぶき」第4巻のあらすじ、感想、無料で読む方法を紹介しました。

 

文章だけでは伝わらないと思うので、ぜひ、無料お試しを利用してマンガを読んでみてください!

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

U-NEXTは初回登録無料で600P!

 

いますぐシーモアで無料で読む!

 

サービスが合わない時は、忘れずに30日以内に解約しましょう。
ミドリ君

 

次の巻
空母いぶき|第5巻ネタバレあらすじ!最新刊も無料で読める!与那国、多良間上陸!

マンガ「空母いぶき」は、2014年からビッグコミックで連載中のかわぐちかいじ先生の漫画です。   第4巻では、武力行使が現実のものとなり、ついに中国に先制攻撃も! 第5巻では、多良間島と与那 ...

続きを見る

 



-戦争
-

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.