戦争

空母いぶき|第2巻ネタバレあらすじ!zipを使わず無料で読む!防衛出動!

更新日:

マンガ「空母いぶき」は、2014年からビッグコミックで連載中のかわぐちかいじ先生の漫画です。

 

第1巻では、第5護衛隊群が南鳥島沖での演習を行っているのを見計らい、中国軍が与那国島と宮古島に攻撃を仕掛けてきました!

 

第2巻では、専守防衛を貫きながらも、中国軍と対峙していきます!

 

今回は、「空母いぶき」第2巻のネタバレあらすじを紹介します。

 

 

この記事は2018年8月26日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

単行本を無料で読む方法も紹介します
ミドリ君

 

 

 

「空母いぶき」第2巻を無料で読む方法

 

「空母いぶき」の電子書籍を読む時、漫画村や漫画タウンやzip、rarなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

これら違法なサイトは、ウィルスの感染などリスクがあります

 

漫画村などで下のような表示が出た場合はガン無視でOKです
ミドリ君
ネコ氏
最初はメチャビビります

 

危険な違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

「空母いぶき」を安全に無料で読めるサイト

 

上記の違法サイトとは違って、安全に無料で読めるのは以下のサイトです。

「空母いぶき」第2巻は594円なので、以下のサイトで無料で読めます。

 

無料で読めるサイト配信状況無料会員特典
music.jp 初回会員登録で961ポイント
U-NEXT 初回会員登録で600ポイント
シーモア 1冊分全額ポイントバック

 

どのサイトも立ち読み(試し読み)が出来るので、まずは立ち読みから始めてみてください
ミドリ君

 

この記事は2019年3月28日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

music.jpで安全に無料で読む!

 

music.jpでは、初回会員登録で書籍に使える961ポイントがもらえます。

music.jpをいますぐ試してみる

/ 最新の配信状況は公式サイトでご確認ください \  

ネコ氏
動画に使えるポイントも1,500ポイントもらえるので、お好きな動画も見ることが出来ます。

 

課金後も、毎月1,922円で漫画に使える1,922ポイントと動画ポイント3,000ポイントがもらえます!
ミドリ君

 

music.jpの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の30日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

ネコ氏
会員になると、漫画を買うときに10%のポイントバックもあります!
 

 

U-NEXTで安全に無料で読む!

 

U-NEXTに初回会員登録すると、動画や書籍に使える600ポイントがもらえます。

600円以下のコミックなら無料で1冊読むことが出来ます。


/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください

 

さらに、U-NEXTは課金が始まってからも、購入金額に応じて最大40%のポイント還元があります

 

私のように毎月何冊もマンガを買う者には、嬉しいサービスです!
ミドリ君

 

U-NEXTの無料会員登録

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間の31日が過ぎると自動で課金が始まります

・サービスが合わないときは無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。


 

 

シーモアで安全に無料で読む!

 

シーモアは、初回会員登録で1冊分の購入代金全額をポイントで返還してもらえます。

最大で1,000ポイントもらえるので、ほとんどのマンガが実質無料で読めることになります。

 

 
いますぐシーモアを試してみる!
 

ネコ氏
初回以後も定期的に30%オフなど割引クーポンをもらえるので、お得に読むことが出来ます

 

 

「空母いぶき」第2巻のネタバレあらすじ

 

前の巻
空母いぶき|第1巻ネタバレあらすじ!漫画村を使わず無料で読む!中国軍の襲撃

マンガ「空母いぶき」は、2014年からビッグコミックで連載中のかわぐちかいじ先生の漫画です。   「空母いぶき」は、実話を題材に描かれたフィクションのマンガです。   今回は、「空 ...

続きを見る

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

第8話・曙光工程

 

中国人民解放軍の与那国島・宮古島の襲撃を受け、首相官邸にある危機管理センターには関係省庁の人間が集められた。

中国軍の航空機は空母「広東」の艦載機で、低空飛行で接近しレーダーの死角を突いてきたことが分かった。

 

空からの侵入だけでは無い。

海上保安庁の巡視船は、2隻の中国船を発見していた。

しかし、中国船は威嚇射撃体当たりを敢行。

 

その後ろからは、1万7千トンの中国海軍揚陸艦「長白山」が迫る。

日本の最大サイズの護衛艦「いずも」が2万7千トンです。
ミドリ君

 

「長白山」からは海兵を乗せたホバークラフトが発進し、尖閣諸島の魚釣島、南北小島にも上陸を始めた

 

さらに与那国島では、中国軍が空から戦車を配備した。

そのうえで、与那国島の自衛隊員に投降を勧告してきた

 

与那国島基地隊長は、基地の端末や機密書類を全て破壊するよう命じた。

そのうえで銃弾を1発も撃つことなく、投降した。

 

中国人民解放軍は、わずか1時間ほどで与那国島の自衛隊分屯地を制圧した。

 

 

第9話・制圧

 

中国人民解放軍は、与那国島の住民も制圧する。

住民を中学校の体育館に集めた。

そして外部との連絡を絶つため、電波塔を破壊しケータイを使えないようにした

 

こうして、2時間ほどで与那国島全島が中国軍に制圧された

中国軍は同じように多良間島、尖閣諸島にも上陸、占領した

 

このような状況で、垂水首相は防衛大臣に「海上警備行動」の発令を承認した。

「海上警備行動」は、あくまで正当防衛の範囲内でしか武器を使うことは出来ない

武器を行使できる「防衛出動」「防衛出動待機命令」は、中国の宣戦布告が無いため発令できない。

 

中国軍は用意周到に軍事行動を起こしながら、まだ大規模に兵力を投入していない。

中国軍の狙いは武力による制圧ではなく、交渉による取引ではないか、との意見も出た。

 

その時、与那国島で一人目の戦死者が出たことが報告された!

 

 

第10話・実戦の海

 

3,000キロ離れた南鳥島で演習をしていた「いずも」を含む第5護衛隊群にも、先島諸島に向かうよう命令が下った。

全速力で向かうが、それでも3日かかる距離だ。

 

その頃、垂水首相はアメリカ大統領に、日米安全保障条約に基づく援軍の確認をする

大統領の了解は得たが、あくまでも日本だけで解決することを目指す。

アメリカが参入すれば、米中の戦争に発展してしまうからだ。

 

一方、先島諸島「いぶき」の前方に、中国の潜水艦が現れる!

 

第11話・戦闘水域

 

「いぶき」の前に現れたのは中国の攻撃型潜水艦「元級」が2艦

しかし、2隻とも動く気配は無い。

「いぶき」に対して、向かってくれば撃つぞという無言の警告だろう。

 

つまり、まっすぐ進めば戦闘になる可能性が高い。

与那国・多良間で3000人が人質になっていることを考えれば、戦闘は避けたい。

しかし、進路変更で時間を無駄に浪費すれば、敵に防禦体勢を整えられてしまう

そうなれば、占領された島の奪還と人質の保護は困難になる。

 

ここで秋津艦長の出した結論は直進だった!

 

第5護衛隊群の潜水艦「けんりゅう」は、「元級」の射程圏内1キロまで迫る。

しかし「元級」に動きは無い。

 

「けんりゅう」は、あえてピンガー(警告音)を発して自分たちの居場所を知らせて挑発する。

それでも「元級」は動かない。

 

 

第12話・攻撃ポイント

 

「いぶき」が「元級」の直上まで10分というところで、「元級」がついに動き出した

 

2艦の「元級」のうち、手前のものが「けんりゅう」の真正面に来た

そして、魚雷の発射管を開口し、いつでも「けんりゅう」に攻撃できる体勢に入った。

これで「元級」が魚雷を発射すれば、正当防衛の要件「急迫不正の侵害」を満たす。

 

しかし、日本からは攻撃できない。

もちろん、自衛隊の役割が専守防衛というということもある。

日本から攻撃すれば、中国に日本全土への攻撃の口実を与えてしまう。

 

「元級」の真上を通過する「いぶき」。

結局、「元級」は威嚇だけで攻撃は無かった

 

中国の威嚇に屈することなく直進したことは、政府、自衛隊にも勇気を与える行動であった

 

 

第13話・総理会見

 

中国大使館で垂水首相は、中国政府の公式声明を催促する。

中国大使は、本国からの正式な連絡は無いと繰り返すだけだ。

 

さらに、尖閣諸島は中国に属する領土だと主張し始めた。

国連に提訴すると脅す日本側に対し、中国側は、「お好きにどうぞ」という姿勢だ。

 

垂水首相ら日本側は、中国の反乱分子による占領だと思いたかった。

しかし、中国人民解放軍内では格下の、海軍が主導した占領であることが分かった

 

垂水首相は記者会見を開き、「あらゆる事態を想定して対処する覚悟でいる」と発表した。

それを聞いた東都新聞の一の瀬は、戦後初の「防衛出動」があると確信した!

 

第14話・中国外交部声明

 

中国軍の与那国島上陸の翌日、中国政府の声明が発表された。

 

中国は魚釣島を固有の領土とし、実効支配したことを宣言した。

日本との軍事衝突は望んでおらず、協議によって自衛隊員と島民を返還するつもりだと告げた。

当然、捕虜となっている人命と引き換えに、何らかの交換条件を出してくると思われる。

 

考えられるのは、捕虜と尖閣諸島の交換

 

しかし垂水首相は、国民も領土もどちらも失うつもりは無いと宣言する!

 

第15話・防衛出動

 

垂水首相は、中国と粘り強く交渉を続けるつもりだ。

それでも駄目な場合は、武力衝突も辞さない覚悟だ。

 

しかし拠り所となるのは、中国が戦争を望まないという言葉だけだ

中国の国家主席に協議を求めるが、応答は無い。

ここで、首相は「防衛出動」の閣議決定を指示した。

 

ちょうどこの時、中国に占領された多良間島を偵察中の自衛隊機が撃墜されたとの一報が入る。

 

 

自衛隊法

第六章 自衛隊の行動

(防衛出動)

第七十六条 内閣総理大臣は、次に掲げる事態に際して、我が国を防衛するため必要があると認める場合には、自衛隊の全部又は一部の出動を命ずることができる。

この場合においては、武力攻撃事態等及び存立危機事態における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律(平成十五年法律第七十九号)第九条の定めるところにより、国会の承認を得なければならない。

一 我が国に対する外部からの武力攻撃が発生した事態又は我が国に対する外部からの武力攻撃が発生する明白な危険が切迫していると認められるに至つた事態

二 我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自

由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態

2 内閣総理大臣は、出動の必要がなくなつたときは、直ちに、自衛隊の撤収を命じなければならない。

 

 

「空母いぶき」第2巻のまとめ

 

今回は、「空母いぶき」第2巻のあらすじ、感想、無料で読む方法を紹介しました。

 

文章だけでは伝わらないと思うので、ぜひ、無料お試しを利用してマンガを読んでみてください!

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

U-NEXTは初回登録無料で600P!

 

いますぐシーモアで無料で読む!

 

サービスが合わない時は、忘れずに30日以内に解約しましょう。
ミドリ君

 

次の巻
空母いぶき|第2巻ネタバレあらすじ!zipを使わず無料で読む!防衛出動!

マンガ「空母いぶき」は、2014年からビッグコミックで連載中のかわぐちかいじ先生の漫画です。   第1巻では、第5護衛隊群が南鳥島沖での演習を行っているのを見計らい、中国軍が与那国島と宮古島 ...

続きを見る

 

 



-戦争
-

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.