ファンタジー ミステリー

ドクターストーン|65話ネタバレあらすじと感想!弓矢の羽京

更新日:

ドクターストーンの第65話「死者からの電話」は、週刊少年ジャンプ2018年32号に掲載されました。

 

第64話では、久しぶりに大樹と杠が登場し、電話で千空と会話することが出来ました

第65話では、いよいよ司軍を騙す作戦が始動します!

 

今回は、「Dr.STONE」の第65話のネタバレあらすじ感想を紹介します。

 

 

この記事は2018年8月22日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

「Dr.STONE」の単行本を無料で読む方法も解説します
第65話は、単行本の8巻に収録の予定です。

 

 

「ドクターストーン」第65話のネタバレあらすじ

ドクターストーン|64話ネタバレあらすじと感想!久しぶりの大樹と杠

続きを見る

 

ネタバレ注意

この記事はネタバレを含みます。

まだ読んでいない方はご注意ください。

 

1年ぶりの再会

 

電話越しにではあったが、千空、大樹、杠は約1年ぶりに再会を果たした

大樹は感極まりすぎて会話にならなかった。

杠は千空が1年でケータイまで作ったことを涙を浮かべて喜んだ

 

千空は再会の感動もそこそこに、大樹と杠に指示を出した。

司軍の人間を1人、ケータイの前に連れて来いというのだ

千空は詳細を話さなかった。

大樹たちには監視がついていたし、むしろ大樹は何も知らない方がいいからだ。

 

ゲンのメッセージ

 

大樹は「それが一番血が流れないんだな?」と千空に確認する。

ああ、それが一番血が流れねえ」と肯定する千空。

 

千空がそう考えるのならば説明などいらん、と大樹は快諾した。

一年離れていようとも、二人の信頼関係は微塵も揺らいではいなかったのだ。

 

次に千空は、ゲンからメッセージはなかったかと大樹に聞いた。

大樹は何もなかった、地中深くにケータイが埋まっていただけだと言う。

驚く千空。

 

ゲンらしからぬやり方である。

何かあったのかと心配に思う千空たち。

 

耳の良い弓兵

 

一方、クロムたちは茂みに隠れていた。

遠くから司軍の弓兵が狙っている。

痺れを切らしたマグマは飛び出そうとするが、クロムが必死に止める。

 

ゲンによれば、弓兵の名は羽京恐ろしく耳がいい男だという。

そうなるとこの茂みに隠れているのは不味い。

 

枝の音で位置がバレて撃たれてしまうからだ

もちろん羽京は、クロムたちを茂みに誘い込んだのである。

 

電話作戦にはゲンが必須、ゲンだけでも逃がそうとするクロム

 

そこでマグマがいい案があると言い出す。

クロムとゲンが飛び出し、クロムが矢を受け、羽京の位置を把握したマグマが仕留める。

この作戦だとクロムは死ぬ。

当然ながらクロムは猛然と拒否した。

 

クロムの囮作戦

 

しかしクロムはこれをきっかけに新しい作戦を思いついた。

大樹に渡し損ねた電池のプラスとマイナスを直結し、茂みの中に投げた

すると電池が爆発して、煙が発生した

 

クロムは叫び声をあげながら走り出す。

煙幕で姿をくらまし、叫び声でゲンが逃げる際の茂みの音をかき消そうというのだ。

マグマも後に続いた。

 

二人は、ゲンを逃がすために囮になるつもりだ

二人の意図を汲んだゲンは、石神村へ向けて駆け出した。

 

ゼンマイ

 

石神村では、カセキがゼンマイを作り出していた。

ゼンマイをセットするとレコードがスムーズに回った。

これならばレコード再生は完璧である。

そこへゲンが帰ってきた。

 

一方、大樹は自分を監視している女に声をかける

彼女が仲間に誘う一人目であった。

 

 

 

「ドクターストーン」第65話の感想

 

千空と大樹と杠が1年ぶりに再会しました。

私が大樹たちを最後にジャンプで見たのが1年くらい前だったような気がします。

どうやら現実の時間作中の時間も1年経っていたということのようです。

 

杠がバカでかい通信機を見てケータイと言っているのが、ちょっと笑えました。

漫画の中では、ケータイとして認識するお約束になっているようですね。

 

千空は再会の感動もそこそこで打ち切って、要件を伝えてしまいました。

ドライと言えばドライなのですが、照れ隠しのようにも思います。

それが一番血が流れないんだな?」「ああ」のやり取りは良かったですね。

二人の深い信頼関係を表すだけでなく、大樹の信念もよく描けていると思います。

 

ただ、このときに「無血開城」という言葉を使っていないので、ある程度、犠牲者が出るのを予想していると思います

 

さてクロムたちの場面では、司軍の弓兵のことが明かされました。

名前は羽京、耳が凄く良いそうです。

もし彼がリリアンの大ファンだったら、電話作戦を見破られてしまいそうです。

 

石化前、彼は何をしていたのでしょう。

弓兵だから、アーチェリーか弓道の選手だったのでしょうか。

司軍というのはアスリート軍団なのかもしれません。

 

クロムが電池の両端を直結させて爆発させました。

大樹に渡すはずだった予備の電池です。

 

するとケータイの電池切れで電話作戦が失敗するかもしれません

監視役の女を仲間に引き込むことができるのか、囮になったクロムとマグマはどうなるのか、次回が気になりますね。

 

 

 

ドクターストーンの単行本を無料で読む方法

 

Dr.STONEの単行本は動画配信サイトの初回無料お試し期間を利用することで、無料で読むことが出来ます。

 

安全に無料で読む方法

 

動画配信サイトの「U-NEXT」や「music.jp」で、「Dr.STONE」を無料で読む事ができます。

 

U-NEXT

 

「U-NEXT」は、無料の初回会員登録で「31日間の動画見放題」と「600ポイント」の特典がもらえます。

 

<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 \無料お試し期間でも600ptもらえる/ / 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 

この600ポイントは、有料対象の動画やマンガに使用することが出来ます。

「U-NEXT」では「Dr.STONE」は1巻380円なので、600ポイントで1冊読めます

 

<U-NEXT>をいますぐ試してみる

 

music.jp

 

music.jpもU-NEXTと同じように、初回会員登録で30日間の無料お試し期間があります。

そして、961ポイントが貰えます。

 

 

 

music.jpでは「Dr.STONE」は1冊410円なので、無料で2冊読めます。

さらにmusic.jpはポイントの還元があります。

 

2冊無料で読むと961pt-410円✕2冊=141ptですが、82ptの還元があるので、223pt残ることになります。

 

つまり3冊目は410円-223pt=187円の追加で読むことが出来ます。

 

単行本の価格は変わることがあるので、ご注意ください。

 

 

 

music.jpのポイント

music.jpは、ポイントが2種類あるのでご注意ください。

music.jp2種類のポイント

・動画の視聴に使える「動画ポイント

→無料会員登録で1,500ポイントもらえます

 

・音楽や本に使える「通常ポイント

→無料会員登録で961ポイントもらえます

動画ポイントでマンガを読むことは出来ません

 

 

 

無料で「Dr.STONE」を読む方法のまとめ

 

違法にアップロードされたサイトを見るのは危険も伴います。

 

「U-NEXT」または「music.jp」の無料お試し期間のポイントを利用することで、安全に無料で読むことができます。

 

「U-NEXT」と「music.jp」の両方を活用すれば、無料で3冊読めます

 

無料会員登録の注意点

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間が過ぎると自動で課金が始まります

 

サービスが合わない時は、無料期間内に解約しましょう。
無料でもらったポイント以上に使っていなければ、お金は一切かかりません。

 

<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 

 

「ドクターストーン」第65話のバネの考察

 

先週号と今週号は、ストーリーの展開が優先で、科学ネタはあまりありませんでした。

科学ネタを楽しみにしている方には、物足りない2週でした

 

カセキの作ったゼンマイが唯一のネタでした。

 

ゼンマイは昔、おもちゃ時計で使われていて、ジーコジーコ巻いた記憶があるのですが、最近はあまり見ないですね。

長さを測るメジャーもゼンマイを使っていますね。

 

ゼンマイは元々は植物の名前

 

この植物のグルグル巻から名前を取って「ゼンマイバネ」と言ったり、「渦巻バネ」とも言います。

要はバネの仲間なんですね。

 

ゼンマイの形を金属で作るのは簡単ですが、バネのように元の形に戻る力が無いと、バネになりません

この元に戻らせるために、技術が必要です。

 

ピアノ線、硬鋼線、ステンレスを使うのですが、手作業だとかなり難しいです。

 

まず、熱して柔らかくなったら、なにかに巻き付けて、もう一度熱する。

そして、瞬間冷却するとバネになります。

 

しかし、熱し方や冷まし方が難しくて、なかなかバネにならないです。

中学生の夏休みの自由研究としても、かなり難しい部類に入るでしょう

 

漫画では、カセキがサラッと作っていましたが、何度も失敗したんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 



-ファンタジー, ミステリー
-

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.