ヒューマンドラマ ファンタジー

ブラッククローバー|第2巻のネタバレあらすじと感想!コミックもアニメも無料で!

マンガ「ブラッククローバー」は、「週刊少年ジャンプ」で2015年から連載されている作品です。

 

1巻では、作品の世界観の紹介が終わり、主人公アスタは晴れて魔法騎士団「黒の暴牛」の団員に

2巻では、いきなり強敵と対戦し、仲間と協力してその底知れないパワーを発揮します。そして、アスタの戦いが描かれていきます!

 

今回は、「ブラッククローバー」の第2巻のネタバレあらすじ、感想を紹介します!

 

 

この記事は2018年8月18日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

第2巻や最新刊を無料で読む方法も紹介します
ミドリ君

 

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

「ブラッククローバー」第2巻のネタバレあらすじ

 

ブラッククローバー|第1巻のネタバレあらすじと感想!最新刊も無料で読む!

マンガ「ブラッククローバー」は、「週刊少年ジャンプ」で2015年から連載されている作品です。   2017年にはテレビ東京系でアニメ化されました。 ネコ氏 第2期も見たいです   ...

続きを見る

 

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

ソッシ村での対決

 

ソッシ村を占拠しているヒース・グライスとその一味たちは、とんでもない魔力を備えていました。

どうやらただの盗賊ではなく、この村にある何かを探しているようです。

 

アスタは無慈悲に村人を殺そうとするヒースに怒り、剣を手に向かっていきます。

しかし、ヒースの氷の魔法はひとりで対応できるものではありません。

マグナノエルがアスタに協力し、なんとか村人を守りながらヒースを倒そうとします。

 

アスタは一旦は魔法で倒されたものの、驚嘆すべき回復力で再び起き上がり、油断しているヒースの背後を攻撃。

さらに剣脊によってマグナの炎魔法をヒースにぶつけた上で、トドメの一撃を食らわすのです

 

戦いは終わり、「黒の暴牛」が勝利しました。

一同はヒースを連行しようとしますが、彼は自殺してしまいます。

どうやら彼はある秘密組織の一員らしいのですが、その詳細は分かりません。

 

ダンジョンへ

 

マグナと一緒に本部に戻ったアスタとノエル。

彼らにとって初めての給料が待っていました。

2人は先輩のバネッサ・エノテーカに案内され、城下町キッカへショッピングに出かけることに。

 

そこの賭博場には、偶然変装した魔法帝ユリウス・ノヴァクロノが視察に来ていました。

アスタの特異なパワーに目をつけた彼は、「黒の暴牛」にある任務を依頼することにします。

魔法帝が依頼した任務は、新しく発見された魔宮(ダンジョン)の調査

 

そこには強力な古代魔法の使い方貴重な魔道具が眠っており、国防のためにも確保すべき場所でした。

 

アスタは直接魔法帝に指名されてゴキゲン。

先輩のラック・ボルティア、そして再びノエルとともにダンジョンの中に入っていきます。

 

本来なら先輩として後輩たちを導くべきラックですが、集団行動がとれない異常な性格のため、勝手にひとりで宝物殿へ進んでいきます

おかげでアスタとノエルは取り残され、迷宮のようなダンジョンの中で途方に暮れます。

しかもトラップ魔法のため、異様な植物に吸い込まれかけるのです

 

ユノと遭遇

 

危機一髪となった彼らを救ったのが、なんとユノ

魔法帝は「黒の暴牛」だけでなく、「金色の夜明け」の団員もダンジョン調査に派遣していたのでした。

ユノには先輩のクラウス・リュネット、そして同じく新入団員のミモザ・ヴァーミリオンが付き添っていました。

 

一方、宝物殿の前までたどり着いたラックは、同じく調査に来ていた隣国の騎士ロータス・フーモルトと対決

危機的状況に陥ったところへ、謎の鳥ネロに導かれたアスタたちがやってきます。

 

力を合わせたおかげでロータスは逃げていきますが、その部下であるマルスがユノたちを苦しめています。

アスタはユノを助けるために、マルスと戦うのです。

 

 

 

「ブラッククローバー」コミック第2巻を無料で読む方法

 

「ブラッククローバー」の電子書籍のコミックを読む時、漫画村や漫画タウンなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

でも、違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

U-NEXTで無料で読む

 

「U-NEXT」は有料動画サイトですが、初回会員登録で「31日間の動画見放題」と「600ポイント」の特典がもらえます。

 

/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 

U-NEXTで「ブラッククローバー」は1冊418円なので、無料で1冊読むことが出来ます

もちろん、最新刊でも無料で読めます!

 

U-NEXTをいますぐ試してみる

 

さらにU-NEXTでは、アニメ版が見放題になっているので、追加料金無しでアニメも見れます!

 

 

 

music.jpで無料で読む

 

そして、U-NEXTと同じように、音楽配信大手の「music.jp」(ミュージック・ドット・ジェーピー)でも、今なら初回会員登録で「961ポイント」もらえます。

 

music.jpをいますぐ試してみる

 

 

music.jpで「ブラッククローバー」は1冊451円なので、961ポイントで2冊読むことが出来ます

 

ネコ氏
U-NEXTと合わせて3冊読めますね

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

/ 最新の配信状況は公式サイトでご確認ください \

 

無料で読む場合の注意点

 

無料会員登録の注意点

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間が過ぎると自動で課金が始まります

 

ネコ氏
サービスが合わない時は無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

「ブラッククローバー」第2巻の感想と考察

 

 

チームプレーとパワーの配分

 

この作品で特徴的なのは、アスタが強いと言っても絶対的な能力は持たず、あくまでチームワークで勝利をおさめていく点

 

このことでマグナ、ノエルをはじめ、「黒の暴牛」のメンバーたちの活躍の場も多くなり、無駄なキャラがいない、という印象がします。

もちろんユノもそうで、あくまで彼が戦う時はアスタも参加。

仲間がいてこそ無敵」というのが作品全体のテーマになっているようです。

 

ただ心配なのは、いわゆる「パワーインフレ」。

 

最初からかなりの強敵が出てきているので、この後、敵のパワーが上がりすぎる可能性があります

どうかそこはうまく調整し、作品の世界観を壊さない展開にしてもらいたいものです。

 

アスタのライフ

 

上記のパワーインフレにも通じますが、アスタのパワーが尽きないのが疑問が残ります。

 

ロータス戦が終わった後でも、ライフがフル充電されているのような活躍

むしろ魔法を使っている方が、疲れ切っていきます。

アスタのライフが切れるのも見てみたいです。

 

魔法を使って逃げる敵に走って追いつくというのも、ちょっとやりすぎ感を感じます。

じゃあ魔法要らないじゃん、と(笑)

最初は、先輩や仲間に助けてもらう展開で良かったんじゃないかな、と思います。

 

 

「ブラッククローバー」第2巻を読んだ方の感想

「ブラッククローバー」第2巻を読んだ方に感想を聞きました!

 

ツンデレのノエル!

 

ストーリー展開がテンポ良く、サクサク進んでいきます。

その分、ちょっと流し読みすると知らないキャラが出てきたりして、ストーリーが分からなくなってしまいます。

気合を入れて集中して読むがいいですね。

 

個人的にはツンデレキャラのノエルのファンです!

コンプレックスを説明する部分では、ちょっと重い話になりました。

そして、すぐに素直になったかと思いきや、2巻でも相変わらずの高飛車!

 

ずっとこのまま居てほしいです。

 

従姉妹のミモザというライバルキャラも出てきたので、ノエルの深掘り回がその内あるんじゃないでしょうか。

今から楽しみです!

 

30代男性

 

チームプレイで成長する主人公の今後が楽しみ!

 

アマゾンでコミックを買いましたが、レビューを見るとアンチが山ほど居ますね。

 

好き嫌いはあるので、この漫画が嫌いな人が居ても仕方がないです。

でも、なにか目的を持って悪口を書いているんじゃないかと思うほど、しつこく書いている人が居ますね。

なにか魔法でイヤな目に遭ったのでしょうか(笑)

 

個人的な感想としては、設定は、魔法使いの世界を描く以上、似通ってくる部分もあると思います。

主人公やサブキャラの過去をどう描くか、世界観をどう出すか、で他の漫画との違いを出すものだと思っています。

 

そういった意味で、ブラッククローバーはチームプレイがオリジナリティじゃないでしょうか。

協力プレイをしながら主人公が成長していくのを楽しむ漫画だと思います。

 

魔力0から、どう魔法帝になるかが見ものです。

20代女性

 

/ 最新の情報はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 



-ヒューマンドラマ, ファンタジー
-

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.