コメディ

保安官エヴァンスの嘘|第1巻のネタバレあらすじと感想!無料で読む方法も!

更新日:

マンガ「保安官エヴァンスの嘘」は、2017年から「週刊少年サンデー」で連載されている栗山ミヅキ先生の作品です。

 

栗山ミヅキ先生は、女性かも?と思ったのですが、一人称が「」なので男性のようです♪

 

 

連載開始前に、いくつかの案を編集者の方に見せたところ、一番冗談半分だったこのマンガが採用されたそうです。

ネコ氏
「大丈夫かこの漫画?」と作者自身も思っているそうです

 

今回は、あらすじなどの他、最新刊を無料で読む方法を紹介します
ミドリ君
ネコ氏
単行本は現在、第4巻まで発売されています

 

 

この記事は2018年8月12日の情報を元に執筆しています。

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

「保安官エヴァンスの嘘」第1巻を無料で読む方法

「保安官エヴァンスの嘘」を読む時、漫画村や漫画タウンなどの違法なアップロードサイトを探している方も多いでしょう。

 

でも、違法なサイトでなくても、安全に無料で読むことができるサイトがあります

 

U-NEXTで無料で読む

「U-NEXT」は月額1990円(税抜)ですが、初回会員登録で「31日間の動画見放題」と「600ポイント」の特典がもらえます。

/ 最新の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 

U-NEXTで「保安官エヴァンスの嘘」は1冊400円なので、無料で1冊読むことが出来ます

 

U-NEXTをいますぐ試してみる

 

 

music.jpは漫画も映画もアニメもOK!

そして、U-NEXTと同じように、音楽配信大手の「music.jp」(ミュージック・ドット・ジェーピー)でも、今なら初回会員登録で「961ポイント」もらえます。

 

 

music.jpで「保安官エヴァンスの嘘」は1冊432円なので、961ポイントで2冊読むことが出来ます

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

music.jpの2種類のポイント

 

「music.jp」は、ポイントが2種類あります。

 

2種類のポイント

音楽、マンガ、書籍に使えるポイントが「通常ポイント

初回会員登録で961ポイントもらえます。(課金後は1922円分のポイント)

 

動画の視聴に使えるポイントが「動画ポイント

初回会員登録で1500ポイントもらえます。(課金後は3000円分のポイント)

 

マンガに使えるのは「通常ポイント」だけです
ミドリ君

 

music.jpをいますぐ試してみる

 

無料お試し期間で読む場合の注意点

無料会員登録の注意点

・会員登録にはクレジットカードなど、支払い方法の入力が必要です。

・無料期間が過ぎると自動で課金が始まります

 

ネコ氏
サービスが合わない時は無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

music.jpは初回登録無料で961P!

 

「保安官エヴァンスの嘘」第1巻のネタバレあらすじ

 

ネタバレ注意

この記事はネタバレを含みます。

まだ読んでいない方はご注意ください。

西部開拓時代、荒くれ物達がはびこる町の治安を守る為に保安官であるエヴァンスが活躍する話。

・・・だったら格好良かったのですが、主人公の保安官エヴァンスは「モテたい」為に保安官になったのです。

 

モテたいエヴァンス

動機が不純でも銃の腕は超一流なんですよね。

彼女いない歴=年齢のエヴァンスは、父親譲りの女性を落とすテクニックを駆使して格好つけるのですが、これが見事に空回り。

 

この漫画はエヴァンスがモテる為に格好つけて空回るストーリーです。

 

用心棒VSエヴァンス

さて、1巻の冒頭からエヴァンスは銃での一対一の勝負をします。

エヴァンスの相手は用心棒ですが、銃の腕前が超一流のエヴァンスにかなうはずもありません。

 

用心棒の隣には女性がいるのですが、その女性は実はお尋ね者で、エヴァンスとは酒場で知り合ったのです。

女性の方は、エヴァンスが保安官だと気付いた為、逮捕されないよう逃げようとして用心棒を頼みました。

 

一方、エヴァンスはその女性がお尋ね者とは気付かず、ただ口説きたいだけで追いかけました。

女性がお尋ね者だと聞かされたエヴァンスは、保安官という立場上、女性を逮捕したのです。

この漫画の基本的な流れがこの冒頭部分で示されましたね。

 

お尋ね者リズ

次に登場する女性、リズもお尋ね者

彼女を追う賞金稼ぎと、リズと結婚したい妄想を膨らませて、なんとか口説き落とそうとするエヴァンス。

 

その結果、エヴァンスは悪徳な賞金稼ぎを倒し、リズは自首しました

 

最後までしぶとく遠回しに自分との結婚生活を薦めるエヴァンスですが、リズは更生の道を選び逮捕されます

出会う女性がことごとく犯罪者ということに危惧したエヴァンスは、この話以降、保安官バッジが一目で分かるようにしています。

 

オークレイとエヴァンス

1巻では7人の女性が登場します。

犯罪者が2人と、密着取材を依頼してきた女性新聞記者、逆ナンパをしてきた女性、護衛を依頼してきたお嬢様。

それと話しかけてもいませんが、エヴァンスがなんとかしてスカートの中を覗こうとしたカフェの店員

 

あと1人が本作品のメインヒロイン、賞金稼ぎのフィービー・オークレイ

オークレイはエヴァンス同様、異性と付き合った事がない生粋の生娘です。

エヴァンスの変な格好つけも、他の女性達はひいてしまうのですが、オークレイには効果があります。

 

その為、オークレイはエヴァンスのことを気になる存在として見ています。

一方のエヴァンスは、オークレイ含め、誰でもいいからとにかくモテたいと思っているので、オークレイに固執はしていません。

今後の話でもオークレイはレギュラーメンバー並みに登場して、小学生の高学年くらいの恋愛模様を見せてくれます。

 

music.jpをいますぐ試してみる

 

「保安官エヴァンスの嘘」第1巻の感想

 

エヴァンスのモテたい一心の格好つけた言い回しが非常に面白いです。

エヴァンス自体は、実はモテるのかもしれないのですが、彼が変な意識を持って女性と接するのでチャンスを逃しているようです

 

実はこの漫画で一番魅力的に感じるのはオークレイかもしれません。

 

少しストーカー気質なところもあるかもしれませんが、彼女の一生懸命な恋心を見ていると心がほんわかします。

それでも素敵な女性のイメージを演じるのですが、エヴァンス同様、空回りするのですが…

エヴァンスと違って、オークレイは一途なところが魅力的なんでしょうね。

 

第1巻で一番萌えたのは、オークレイが体調を崩している最中、賞金首を追っていかがわしいお店に潜入している話です。

オークレイが店長に呼ばれているのを見て、エヴァンスはいかがわしいお店で働くつもりかもと勘違いします。

 

オークレイは賞金首に隙をつかれてピンチになっていたのですが、勘違いしたエヴァンスがドアを思いっきり開けて賞金首は倒されます

その後、エヴァンスは金が必要ならばと思い、オークレイに賞金首がこの店にいるから捕まえろと教え、去ります。

 

勘違いもいいところなのですが、結果的にエヴァンスがやった事はピンチのオークレイを救って、手柄を渡す行為でした。

この時のオークレイの赤面顔がとても可愛かったです♪

 

 

「保安官エヴァンスの嘘」を読んだ方の感想!

「保安官エヴァンスの嘘」を読んだ方の感想を紹介します!

 

オトコのモテたい願望に共感!

 

芸人さんとか、よく言いますよね。

「モテたいから芸人になった」と。

 

そんな風に自分の素をさらけ出せたら楽に生きれるのではないかと思います。

 

さて、この漫画の主人公は、そんな素の自分を出すのが苦手なタイプ。

同じくわたしもモテたい派なので、主人公の気持ちがよく分かります。

ただ、エヴァンスは普通にしておけばモテそうなのが、悔しいところ(笑)

 

漫画では、モテたい願望を持つ男性なら一度は経験したことあるようなネタを入れて来るのが、クスリと笑わせてくれます。

自分も経験したことなので、あの頃は若かったなぁ、と思い出させてくれます。

思い出しながら赤面してしまうことも多いのですが。

 

モテる男がハーレムを築くような、マンガのような話は、イラッとすることもあります。

しかし、このマンガはそういったことが全く無く、逆に主人公を応援したくなるのが良いですね。

30代男性

 

オークレイがカワイイ!

 

20代女性

父親譲りの銃の名手なのに、その父親の持論に邪魔をされてモテないエヴァンス。

ダサさと、カッコよさを併せ持つのがカワイイです。

そして、ヒロインのオークレイも性格も見た目もカワイイ!

 

キャラ設定がが良く、共感できるセリフも多いです。

 

そして、西部劇というシチュエーションに恋愛を絡めるのは、映画でもよくありますが、ラブコメというのが新鮮です。

テンポの良いギャグと、ナレーションのツッコミが毎度毎度楽しくて仕方がないです。

 

オークレイとエヴァンスが結ばれればハッピーエンドなのでしょうが、そうするとこの漫画も終わりになってしまいます。

二人の行方を応援しながら、くっつかないことを祈っていますww

 

新人とは思えない絵と構成

 

作者の栗山ミヅキさんは、ほとんど新人みたいなものでしょうか。

ウィキペディアにも情報が無いですし、アマゾンでもこの漫画しか作品がありませんでした。

 

初連載にしては、削れるところを削った無駄のない絵が好印象です。

たいていの新人の作品は、ごちゃごちゃ色々と描きすぎる印象があります。

何年か経つとスッキリした漫画になるのですが、栗山ミヅキさんは、最初からスッキリしています。

かと言って、手抜きでは無く、書くべきところではしっかり描いています。

 

 

ストーリーとしては「かぐや様は告らせたい」に似た展開です。

オーク霊が出てきたあたりから、その傾向は強くなります。

 

とはいえ、かぐや様のパクリという印象でもありません。

この漫画独特の面白さがあります。

 

今後の展開も楽しみな作品です。

20代男性

 

 

/ 最新の情報はU-NEXTのサイトでご確認ください \

 



-コメディ
-

Copyright© まんが道楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.